平原綾香/私にとって「Jupiter」は、守護神のような存在

1304ch_hirahara_mainデビュー10周年、おめでとうございます!お伺いしたい事がたくさんありますが、まずは、10周年を迎えての平原綾香さんのお気持ちをお聞かせください!

感謝の気持ちでいっぱいです。私の音楽を聴いてくださったみなさんに、ありがとうを伝えたいです。

デビュー10周年という事は、「Jupiter」からも10年なんですね…!あの時の衝撃と感動がまだまだ聴いていた皆さんの心に残るなか、平原綾香さんにとっての「Jupiter」はどのように変化していきましたか?

私にとって「Jupiter」は、守護神のような存在です。
「Jupiter」でデビューしてから、人や場所、たくさんの心に出会うことが出来ました。この10年、楽しい時も苦しいときも「Jupiter」を歌い続け、一緒に苦楽を共にしました。そして、私にいつも、喜びや使命を与えてくれました。もはや、ひとつの曲ではなく、ひとりの人格を持っているような…そんな存在です。

10年間の軌跡が詰まったアルバム『10周年記念シングル・コレクション~Dear Jupiter~』が5月8日に発売予定ですが、その名前通り、10年間をぎゅぎゅっと凝縮した濃厚な1枚になりそうですね♪もちろんどの曲も聞き所だとおもうのですが、平原綾香さんがお勧めする聞き方、曲順、などございましたらぜひ教えてください。

自分でも聴き返したのですが、なんだかジーンとしちゃいました。10年間、いろんなことがあったけど、「ここまで来れて、本当によかったな」って思いました。10年目に聴くからこそ、新たな気持ちで聴ける曲もあり、「こんな歌い方してたんだ」とか「このアレンジいいなぁ~」なんて、すでに知っているはずなのに、新曲のように聴くことが出来ました。みなさんも、ぜひヘッドホンですみずみまで聴いてくださいね!

アルバムの発売も楽しみななか、「AYAKA HIRAHARA 10th Anniversary CONCERT TOUR 2013~Dear Jupiter~」もスタート致しますね♪平原綾香さんにお会いできるのをすごく楽しみにしています♪
記念すべき10周年のライブ、どんなライブになりそうですか?

「Jupiter」でデビューしてから今までの、10年の軌跡を歌うコンサートです。「明日」「誓い」「ノクターン」「おひさま~大切なあなたへ」など、シングルを中心に歌う予定!記念のコンサートなので、みなさんにぜひぜひ来て頂きたいです!
今回の平原綾香さんのお写真、握るマイクや衣裳、平原綾香さんの目線が格好良く、昨年のツアー「ドキッ!」のイメージとはまた違った新しい平原綾香さんが出ていて、印象的でした。今回のテーマ、撮影中や出来上がるまでのエピソードがございましたらお聞かせください。

昨年の「ドキッ!」ツアーは、いろんなチャレンジをするツアーだったので、普段みなさんに見せていなかった「あたらしい平原綾香」がテーマでした。ですが、10周年を迎える今年は、「みんなが見たい平原綾香」がテーマ。Jupiterのイメージを裏切らない、 The 平原綾香 を見せたかった。なので、イメージ的には、ステージの上で歌っている時の自分がいいなと思い、マイクを持って撮影したり、スモークなどを使ったりして撮影しました。衣装もオーダーメイドで作ってもらいました。メイクやネイルなど、細部にこだわってスタッフと作り上げた、お気に入りの写真です。

デビュー当時は学生だったという事にも驚きです!10年経ってみると、あの時こうしていて良かったなと思われる事やデビュー当時のエピソード等、印象に残っている事があれば教えてください。

「Jupiter」をカバーするきっかけは学校の授業でした。大学1年生の時、音楽理論の授業でホルストの「木星」を初めて聴いたんです。流れてきた瞬間、涙が止まらなくなって「この曲をカバーしたい!」と。授業が終わって、すぐスタッフに電話しました。まじめに学校に行っていて本当によかったなと、心の底から思いました(笑)。

クラシックバレエの舞台の経験もある平原綾香さん。ブログにも、バレエが大好きな様子が書かれてあり、読んでいて思わず笑顔になりました。バレエと音楽、共通する部分はどこですか?また、ライブや歌作りでバレエを活かしている部分はございますか?

バレエは、自分の人生にたくさんの影響を与えてくれるものです。ステージではもちろん、普段の生活の中でもバレエの精神が役立っています。バレエを習うと、体が鍛えられるだけでなく、心も鍛えられます。バレエはとても優雅に見えて、実は体力と精神勝負の芸術です。バレエをやることで、あきらめない精神を鍛えられたと思います。その精神は、歌う時もメロディーや歌詞を書く時も、何かを作り出すことすべてにおいて役立っています。あきらめないねばり強さ・・・という点では、誰にも負けない自信があります(笑)。

ツアー当日は10年平原綾香さんの音楽と一緒に過ごしてきたファンの方も多くいらっしゃると思います。ファンとの繋がりや思い出、10年経ったからこそ感じる、絆はございますか?

当時、小学生だったファンの子が、今年成人を迎えたんです。また、お腹の中の赤ちゃんと一緒にコンサートに来ていたファンのお母さんから、無事生まれた報告や、今では「その子とあーやの歌を口ずさんでいます」とメッセージを頂いたときは、とても感動しました。ファンのみなさんは、私にとって家族のような存在でもあります。

様々な主題歌に起用され、音楽ジャンルも幅広く様々なイベントに参加されたり、女優など、様々な事に挑戦されてきた平原綾香さん。今後の目標は何ですか?

いつか、ミュージカルに出たいです。歌に出会ったきっかけが文化祭のミュージカルだったので、またあの世界に飛び込んでみたい!

月刊chargeは、女性読者が8割です。
平原綾香さんはテレビやツアー、ライブでの衣裳が可愛くらしくて、女性も思わずうっとりしてしまうものばかりに思いますが、普段の洋服選びやちょっとしたこだわり、女子力をアップさせる秘訣など、日頃、どんな事をされていますか?

洋服が大好きなので、ショッピングするのが癒しです。ツアー先でも、衣装を見つけて購入することもあります。また、インターネットや雑誌で好きなデザインを見つけたら、必ずその画像をパソコンの「衣装フォルダ」にストックしておくんです。後で見返して、吟味してからネットで買います!

月刊chargeでは創刊号から平原綾香さんに貴重なインタビューをさせていただいており、毎回違った平原綾香さんにお会いできるのがすごく楽しみです♪宮崎の読者へメッセージをお願い致します!

宮崎のみなさん、いつも応援ありがとうございます!デビュー10周年を迎えられたのも、みなさんの支えのおかげです。これからも全力で歌っていきますので、どうぞよろしくお願いします!次は、コンサート会場で会えるかな?ツアーに毎回来られている方も、初めて来られる方も、ぜひぜひ会場にお越し下さい…!待ってまーす!

「平原 綾香」さんのオススメ記事

10周年を迎え、更に磨きをかけた 平原綾香が宮崎ライブを開催!

「家族」はかけがえのない存在、平原綾香を支える彼女のパワーの源。

約3年ぶりのアルバム「ドキッ!」をひっさげての全国ツアー!

CONCERTTOUR2010~from The New World~宮崎公演ライブレポ

ライブレポート/エフエム佐賀 PREMIUM LIVE Together

クラシックってメロディ自体がまるで1人の人間、生きている感じがするんです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  2. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  3. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  4. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  5. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  6. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  7. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  10. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る