【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

  • 2020/7/10
  • 【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん はコメントを受け付けていません。


宮崎ですることに価値がある
大人を意識した洋菓子を作る
女性オーナーシェフ

Monthly Guest vol.133
芋生 玲子

パティスリー en haut オーナーシェフ

Profile
宮崎市出身。パティシェ製菓学校卒業後、福岡や京都などの洋菓子店での修業を経て、東京都武蔵野市にある「パティスリー アテスウェイ」に勤務。2年後にはスーシェフに就任し、ジャパンケーキショーを皮切りに、数々の製菓コンクールに出場。

2012年には国際製菓コンクール「ル・モンディアル・ザール・シュクレ2012」世界大会で優勝。2013年に帰郷して「パティスリー en haut」をオープンし、オーナーシェフとして活躍している。

ショーケースに並ぶのは宝石のように輝くケーキ。特別な人への贈り物や自分へのごほうびとして買うようなスイーツを提供しているのが宮崎市にあるパティスリー en haut(アンオー)。

この客足が絶えない人気店のオーナーシェフを務めるのが芋生玲子さんだ。東京都武蔵野市にある行列ができる洋菓子店でスーシェフ(二番手のシェフ)として腕を磨きながら、数々の洋菓子コンクールに出場。フランスで開催された国際製菓コンクールに出場し、1位を獲得。その様子をメディアが取材したことをきっかけに、一躍有名人に。

この国際コンクールで優勝した翌2013年、地元宮崎に念願だった店をオープンさせた。  芋生さんがパティシエを目指したきっかけは、パティシエ製菓学校の広告を目にしたことにある。「宮崎がすごく好き。でも地元で自立して生きるには、事業を起こして何かを発信できる人にならないといけないと感じていたんです。

ものづくりは好きだったので、広告を見てお菓子の道に入るのも良いなと思いました」と当時を振り返る。いくつかの洋菓子店やカフェで働くうちに、自分の強みを磨く必要性を感じ、「自分にはケーキしかない」と28歳のときに東京の洋菓子店で働こうと決めた。

上京して、いろいろな菓子店を食べ歩きした芋生さんは、「味は濃いのに食べごたえは軽い」という理想の味に出合う。味に感動した勢いのまま履歴書を提出したのが、武蔵野市の「パティスリー アテスウェイ」だった。

「そこではスタッフの熱量がすごかったんです。だから仕事も楽しくて。たくさんのお客様が来て、みんな笑顔で帰っていく。こんなお店を宮崎でやりたいと思いました」。飴やチョコレート細工の大会に挑戦しようと残って練習をする先輩たちを目のあたりにし、自然と手伝うように。その熱心さから、芋生さんも大会への挑戦をシェフに勧められ、最後には国際大会で優勝を勝ち取った。

帰郷して開店したのは、大人の女性向けの洋菓子店。世界各国の自分がおいしいと思った素材で、甘いものではなく おいしいもの を作ることを大事にしたスイーツを提案している。仕事の疲れを癒すのは、ご主人との外食。お酒を飲むのが好きな芋生さんは、食事と一緒に焼酎タイムを楽しんでいる。「黒霧島の水割りが、飲みやすくて好きです」。今後のことを聞くと「店を広げることは考えていません。いつも来てくれるお客様を飽きさせないようにしたい」とほほ笑んだ。

新鮮な刺身と繊細な味付けで
季節の味を提供する
隠れ家のような和食の店

今月のゲスト・芋生玲子さんが自信をもってお薦めするのが「ぼんぼん亭」。芋生さんが東京の有名菓子店で働き始める前に、資金を貯めるためにアルバイトしていた店だ。今でも、少なくとも月に1回、食事がてら家族と訪れる。

店主が店を始めたのは、33年ほど前。これまで2回の移転を重ね、12年前に奥さまと2人で常連さんがたくさん来てくれるような店にしようとこの場所に移ってきた。一枚板のカウンターなど、木をふんだんに使った落ち着いた雰囲気で、満席でも15席までと、こぢんまりとしたつくりだ。

和食を中心とした料理を提供しており、メニューはその日に仕入れた食材を見ながら、店主が毎日手書き。地物の新鮮な魚を使った刺身をはじめ、季節のものを取り扱っているため、旬のおいしいものを目指して店を訪れる常連も少なくない。

取材した日は、カツオの刺身やハモの梅肉、自家製からすみ、山椒みそ焼きという初夏らしいメニュー。もちもちとしたカツオ、プリッとしたハモ、濃厚なからすみに香り豊かな山椒など、どれもお酒が進みそうなものばかり。

季節のものだけでなく、焼酎を使用したほろっととろけるなんこつ煮など、創業当時からある定番メニューもお薦め。気の置けない仲間と、旬を味わいに通いたくなる隠れ家のようなお店だ。

▲「カツオ刺」800円、「自家製からすみ」800円、「ハモの梅肉」650円、「山椒みそ焼き」450円(価格は全て税別)

ぼんぼん亭

  • 住所 宮崎市中央通6-5 ウエストビル2階
  • 電話番号 0985-28-2177
  • 営業時間 火〜土曜日18:00~23:30、日曜日・祝日18:00~22:30
  • 定休日 月曜日

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  2. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  3. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  4. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  8. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  9. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  10. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
  2. 2020-6-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.132 小野 麗子さん

    絵画のように描く画風で 全国的に活躍する 押し花作家 Monthly Guest vo…
  3. 2020-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.131 指宿 陽子さん

    優れた色彩感覚を活かし 人とカラーの関係性を伝える 多才なカラリスト Monthly …
ページ上部へ戻る