【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん

  • 2020/8/10
  • 【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん はコメントを受け付けていません

自らが楽しむことをモットーに 音楽家・俳優・ボイストレーナーとして 多彩な才能を駆使する表現者

Monthly Guest vol.135
かみもと 千春

音楽家、俳優、ボイストレーナー チャルネイロ主宰

Profile
山之口町出身。12歳から演歌を習い始め、祭りのステージや高齢者施設慰問を経験。18歳で劇団・こふく劇場プロデュースの演劇で初舞台を経験。2003年に劇団・こふく劇場に入団。舞台俳優としては「ことば」の音楽性にこだわり、ミュージシャンとしては音楽の持つ「ことば」を手掛かりに、人間の中にあるドラマが描きだす楽曲を作り続けている。舞台に立つ佇まいは「自然の中に静かに在るよう」と評されている。「チャルネイロ」の名でサポートメンバーとともにライブ活動も行う。演劇作品や他アーティストなどへの楽曲提供もしている。

「車を運転している時や、ふとした瞬間に降りてくる言葉や音源を残しておきたくて、いつもボイスレコーダーにため込み、作詞・作曲をしています。何かを伝えたいからではなく、自分が感じたこと、ひらめいた言葉を詩にしています」と話すのは、県内を拠点に音楽家・俳優として活動をしている、かみもと千春さん。

ボイストレーナーやライブ活動も行い、自らが楽しむ等身大の表現者として多方面で活動。屈託のない笑顔がかわいらしく、エールを送ってくれるような温かい歌声が特徴の女性だ。今年7月22日にはファーストアルバム「チャルネイロの音」をリリース。アルバムに収録されている全8曲の作詞・作曲も手掛けている。「ライブの瞬間的な勢いと、時間をかけて作ったこだわりの音を、一緒に楽しんでもらえるアルバムに仕上がりました。聴いてくださった方の心のどこかに少しでも重なるところがあれば幸いです」。かみもとさんのこうした活動の原点は、幼少の頃にさかのぼる。

「演歌歌手になりたい」と12歳から演歌を習い始めた。祭りのステージで歌ったり高齢者施設を慰問したりして、喜んでもらえる楽しさを経験してきた。18歳の時に、現在も所属する劇団・こふく劇場主催の舞台を経験。この時に「みんなで一つの舞台を作り上げる楽しさを知った」という。それから5、6年はOLをしたり、活動の場を求め東京へ行ったりした。

その頃は「周りが仕事や生活が落ち着いていく中で、自分は歌がやりたいのか、演劇がやりたいのか分からなくなり、迷い焦った」という。そんな時に、こふく劇場が全国ツアーをするために団員を探していることを知り、団員になることを決心。こふく劇場で演劇も歌も経験し、舞台の曲作りを手掛けるなど活動の幅を広げてきた。「今の自分は出会ってきてくれた人が作ってくれた」とこれまでを振り返る。

音楽家、俳優、ボイストレーナーといくつもの活動があるが、それぞれにやりがいがあるという。音楽は曲を作る楽しさ、俳優は人と一緒に作品を作り上げる楽しさ、ボイストレーナーは生徒と向き合い、時には悩みを解決に導くこともあったり…。多忙だがスケジュールを調整しながらそれぞれの活動をやり遂げている。

活動の源を問うと、「仕事が終わった後の晩酌」だと返ってきた。「帰宅してゆっくり飲める時間ですね。焼酎を炭酸で割り、レモンを絞って飲むと一日の疲れがスカッとします。中でも白霧島が好きです」。この余白の時間が次への活動の泉となるのだという。  「60歳になったら映画に出たいという夢があるんです。そのときに、こんな俳優がいたんだ、と観た人に感じてもらえたら嬉しいな、と思って」。そんな夢に向かい、これからも表現者としてあらゆる活動に力を注いでいく。

食材にこだわり 女将の手作り料理でもてなす 約50年地元で愛され続ける居酒屋

「料理もお店の雰囲気もまるで実家のようで落ち着く場所です」と、今月のゲスト・かみもと千春さんがお薦めするのは、三股町の「満月」。昭和48年創業で、少人数から最大80人の宴会までを手掛ける、地元に愛され続けている居酒屋だ。「おふくろの味を食べて欲しく、地元にあるものを使って手作りをしています。

『楽しかった』と満足して帰ってくださるのが一番の喜びです」と女将の高山京子さんは話す。種類豊富でボリュームもあるコース料理がお薦め。3500円のコースは刺身、煮物、焼き物、蒸し物など全11品がセット。ご飯ものは季節によってチラシ寿司か炊き込みご飯で登場する。中でも女将の自信作は「豚しゃぶ」と「ハンバーグ」。これは常連客からも根強い人気の料理だという。

「お肉は地元のものにこだわっていて、しゃぶしゃぶのタレは自家製。お肉にも野菜にも合うように作っています」。料理に満足なのはもちろんのこと、女将やスタッフのおもてなしに心地よい気分になれる。家族で、カップルで、女子会で、仕事の宴会で…。どんなシチュエーションでも楽しく過ごせる温かい居酒屋だ。

▲3,500円(税込)のコース料理(前菜、刺身、豚しゃぶ、煮物、焼き物2品、蒸し物、ハンバーグとエビフライ、ご飯、吸い物、デザートの全11品)

満月

  • 住所 北諸県郡三股町五本松3-1
  • 電話番号 0986-52-3938
  • 営業時間 11:30~14:00、18:00~22:00
  • 定休日 不定休


関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  4. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  5. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  8. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  9. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  10. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん

    自らが楽しむことをモットーに 音楽家・俳優・ボイストレーナーとして 多彩な才能を駆使する表現…
  2. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.134 西 真由美さん

    宮崎の良さが詰まった商品を作り、 その魅力を最大限に表現する プロデュースのエキスパート…
  3. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
ページ上部へ戻る