【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~塩ノ谷早耶香~

1304ch_shionoya_mainQ.今年1月念願のデビューを果たされました。どんなお気持ちですか?

デビューをしたときは、そんなに実感がなかったんですけど。「デビューおめでとう」というたくさんの方々の声だったり、CDショップに自分のCDが並んでいることだったり、街中で自分の歌を耳にしたりするにつれ、「私デビューしたんだ」とじわじわと実感がわいてきました。
今までは誰かの曲をカバーして聴いていただくという機会はありましたが、自分の曲を自分の表現の仕方で聴いてもらうのは、デビューしてから初めての経験だったので、すごく緊張もしたんですけど、自分から発信する塩ノ谷 早耶香として曲があるというのがすごくうれしいし、ありがたいことだなって感じています。

Qデビューシングル『Dear Heaven』はどんな曲ですか?

この曲は自分の大切な存在が天国へ行き、会えなくなってしまって、とても悲しい思いをしながら後悔だったりさみしさだったり、色々な感情をかかえながら日々を送っている。でも月日がたったときに、「これじゃだめだ、前を向いて歩かなきゃ」というときの気持ちを描いた曲です。切なさもあるのですが、その中でも、これからも君のことを想って前に向かって歩いていくからねという気持ちを表現しています。
切ない曲なので切なさを出すのはもちろんなのですが、未来に向かって歩いていこうという一生懸命さや強さ、私の声だからこそ明るく届けられることを一番に考えて歌っています。切ないけど未来に向かって光が見える、そんな歌に仕上がっています。
Q.塩ノ谷さんの声は優しくじんわりと響いてきます。

私の声質というのは、自分で思うにストレートにドンと心にくるというよりは、ミストのように徐々に聴けば聴くほどしみ込んでいくような声なんじゃないかと思っています。切ない曲だったら切ないのだけど、どこか笑顔になれる、微笑むことができる歌にしたいし、笑顔の曲だったらみんなでワーッと楽しめる曲に仕上げたいですね。自分の声質を生かした歌い方を、これからもっともっと追究していきたいと思います。
Q.現在47都道府県を周られているそうですね

はい、「うた修行」として47都道府県を周らさせていただいています。デビューしたばかりでアーティストとしても人間としてもまだまだな部分がたくさんあるので、技術はもちろんのこと、歌うことの意味、また、みなさんに私の生の歌を聴いていただきながら自分自身勉強していくことを目的にしています。47都道府県には私のことを全く知らない方たちもいらっしゃるので、そういう方々に私の歌を聴いてもらうこと、知ってもらうことも目標にしています。

Q.各地を周られてみていかがですか?

一番最初スタートしたときの自分と現在では自分でも成長しているのが分かります(笑)。歌の面では日々の積み重ねで成長している部分がたくさんあると思います。なかでも一番目に見えて成長しているのがMC部分かなと思っています。歌のときは緊張がほぐれ、自分自身楽しい気持ちでいられるのですが、MCは100%緊張で。人前で話すのが得意な方ではなかったので、すごく緊張して自分の中で考えたことしか言えてこなかったのですが、最近では来てくれた方とコミュニケーションをとることがすごく楽しいことだと気付けて。どういう風にコミュニケーションをとろうかなと考えるのが楽しくなってきました。まだまだなんですが、ちょっとずつ成長できているのかなと思っています。皆さんとのコミュニケーションの一つとして47都道府県その場所場所の方言を話すということをしています。でも私が調べていく方言をみなさん知らなくて。だいぶマイナーなところを調べてもっていくのでみんな「ええっ」って感じで、「知らないの~?」って私が逆に教えてあげるみたいな(笑)そんな感じで今楽しみながら突き進んでいます。
1304ch_shionoya_subQ.5月15日に2ndシングルがリリースになります。両A面と聞いています。1曲目の『片恋』はどんな曲ですか?『片恋/Smile again』の両A面のシングルになります。2曲とも全然違う世界観を持った曲です。

『片恋』は切ない別れをしてしまった時の引きずってしまう最中の思いの曲です。切ない思いを抱えながらも前を向いて一生懸命前に行かなきゃとするけど、なかなか行けなくてという一番辛いとき。でも「切ない別れにも意味があるんだよ」と自分自身に言い聞かせている曲です。私自身すごく切ない曲が好きなので、切なさを表現することにこだわって、曲の中にどれだけ自分が入り込めるかということを一番に考えて歌いました。みなさんそんな切ない思いを経験したことがあるんじゃないかなと思います。そういう思いを少し思い出していただきながら、でも最終的には「別れにも意味があったんだ」という風に思っていただけたらうれしいなと思います。
Q.『Smile again』はどんな曲になっていますか?

『Smile again』はまったく違う雰囲気を持っていて、すごく明るくて、歌詞もポジティブなすべての女の子たちへの応援ソングになっています。友達と楽しく会話をしているような曲で、自分の世界に入り込むのではなくて、みんなで楽しい世界を作り上げようという気持ちで歌っています。私とお話をしているような感覚で聴いていただけたら嬉しいですね。
Q.今後の目標と読者へのメッセージをお願いします

まだ「うた修行」も残っていますが、「うた修行」を終えてからも3rdシングルだったり、アルバムだったり、いろいろなことをさせていただきたいと思っています。また大きな会場でのライブなども目標にしています。自分が頑張れば頑張るほど上に向かって道のりは近くなると思うので楽しく頑張りたいと思います。
宮崎県は今回2回目なんですけど、すてきなところがたくさんあって、宮崎が大好きです。
これからも「うた修行」などで成長した私を見せに宮崎に帰って来たいと思っています。ぜひ応援していただけたら嬉しいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  2. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  3. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  4. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  5. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  6. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  7. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  8. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  9. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  10. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-2-19

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.116 井手 真弓さん

    企業と働く人に寄り添い 働く喜びを感じる 職場づくりに貢献したい Monthly Gu…
  2. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  3. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
ページ上部へ戻る