平原 綾香/AYAKA HIRAHARA CONCERTTOUR2010~from The New World~宮崎公演ライブレポ

AYAKA HIRAHARA CONCERT TOUR 2010~from The New World~
「聴く人の心にそっと寄り添う音楽を。」デビュー7周年を迎える歌姫が織りなす”新世界”

20100921-1285051288クラシックの世界を、力強くしなやかな歌声で表現する歌姫、平原綾香。6月9日にリリースされたクラシックカバーアルバム『my Classics2』を引っさげスタートした全国ツアー「AYAKA HIRAHARA CONCERTTOUR2010~from The New World~」宮崎公演が6月26日に行なわれた。親子連れから若いカップルまで、年代や性別を越えた幅広い客層で、会場内はほぼ満席状態。やがて会場の照明が落ちたステージ上に次々と現れるバンドメンバー、そして厳かな雰囲気のメロディとともに彼女の歌声が響き渡る。

明るくアップテンポの曲や、しっとりと穏やかなメロディにのせて歌い上げる名曲たちを次々と披露した後、「こんばんは!新世界へようこそ。平原綾香です!」と、笑顔で私たちを迎えた彼女。「今回のツアータイトルfrom The New Worldは新世界、という意味ですが、私にとって新世界とは、自分の今までの思いやこだわりを手放すこと。

その考えに行くまでに私自身、いろいろな壁にぶつかって悩んできたんです。」と、今回のツアーに至るまで、さまざまな悩みや葛藤を抱えながら歌い続けてきたことを告白。さらに「カバーを歌うようになって思うのは、クラシックは自分を助けてくれるもの、生きるヒントを与えてくれるものだということ。

これからもその気持ちを大切に歌い続けていきます!」とクラシック曲のカバーを歌うことへの思いを語ってくれた。彼女の動きに合わせて手を振ったり、総立ちで手拍子をするなど、思わず体が動いてしまうほどのテンポの良いナンバーなども披露され、しっとりと落ち着いた雰囲気のイメージが強い彼女とは違う、アクティブで新しい平原綾香の世界を体感することもできた。

「今年デビュー7周年を迎えることができました!」という第一声で始まった次のMCでは、人前に立つことが苦手だった彼女が歌を歌うことになったきっかけや、デビュー当時に在籍していた大学生活についての話へ。「私がこうやって歌うことになったきっかけが、大学の文化祭で姉のaikaが出演していた映画「天使にラブソングを2」のミュージカル。そこで姉が「JOYFUL, JOYFUL」を歌っている姿を見て、歌への憧れが生まれました。

だからこうしていられるのは、歌への道しるべを示してくれたaikaのおかげです!」と今回コーラスで参加している実姉のaikaと笑顔で顔を見合わせる微笑ましい場面も。慈愛に満ちた歌声と、圧倒的な存在感を見せてくれた彼女の”新世界”に魅せられ、素晴らしい楽曲の数々に聴き入る観客たち。そんな濃密なステージはあっという間に終盤を迎える。

20100921-1285051299「皆さん楽しんでいただけましたか?」本編を終え、アンコールでの彼女の言葉に対して、大きな拍手と歓声が巻き起こる場内。「あたたかいお客さんばかりでよかった!機会があれば、ぜひまたライブにお越しください。そして皆さんにとって今日という日が思い出の1日になればと思います。」最後のMCと共に、アンコールを歌い終えた彼女の姿に送られたのは、自然と巻き起こる盛大な拍手とスタンディングオベーションだった。

言葉より、少しでも多くの音、歌を届けたい。そして聴く人の心に寄り添い、元気になってもらえたら…。そんな彼女の私たちに対する強い想いが、全体を通して十分に伝わった約2時間弱のステージ。

「ありがとうございました!」いつまでも鳴り止まない歓声と拍手に対して、マイクなしの生の声で届けてくれた感謝の言葉を胸に、次回もまた宮崎を訪れてくれることを楽しみに待ちたい。

「平原 綾香」さんのオススメ記事

10周年を迎え、更に磨きをかけた 平原綾香が宮崎ライブを開催!

私にとって「Jupiter」は、守護神のような存在

「家族」はかけがえのない存在、平原綾香を支える彼女のパワーの源。

約3年ぶりのアルバム「ドキッ!」をひっさげての全国ツアー!

ライブレポート/エフエム佐賀 PREMIUM LIVE Together

クラシックってメロディ自体がまるで1人の人間、生きている感じがするんです

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  3. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  5. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  6. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  7. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  8. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  9. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  10. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る