平原綾香/「家族」はかけがえのない存在、平原綾香を支える彼女のパワーの源。

20090127-1232985585優しいのに力強い。柔らかなのに芯が通っている。美しいのにキュート。凛としているのに和ませる…。その歌声、音楽、そして人間性から、そんな魅力が溢れ出す平原綾香。会って、ふれて、語ってみると、その魅力はさらに高まり、年齢をも超えて「女性が憧れる女性」そう心から思える素敵な女性だと実感することができた。

──フジテレビ開局50周年記念ドラマ「風のガーデン」で主題歌を歌い、女優としても同ドラマに出演、さらには今回3回目の 出場となるNHK紅白歌合戦出場と、2008年の彼女の活躍ぶりには目を瞠るばかり。本来の活躍の場とは、少し違った部分での女優という仕事に戸惑いはなかったのか、聞いてみた。

「まさか女優としての出演依頼がかかるとは思っていなくて、びっくりして最初はお断りしちゃったんです。でも、倉本聰さんからもらったストーリーを見たら、涙が出てきてしまうほど感動して…。それで受けることにしました。女優の仕事は、本当に難しいなぁ、と思うこともありましたが、とてもいい経験になりました」(平原)

──そんな「風のガーデン」は、何事にも前向きに、全力で挑戦する彼女のパワーが、その主題歌から、演技から感じることができる作品となった。そして、「風のガーデン」の主題歌にもなった「ノクターン」、「カンパニュラの恋12月3日にリリース。また、3曲目に収録されている「星つむぎの歌」は、宇宙飛行士の土井隆雄氏の応援ソングとして作られた曲。土井氏が宇宙へと持ち込み、宇宙デビューを果たした。アルバムタイトルにもなった「PATHof INDEPENDENCE」は「自立への道」という意味を持ち、姉であり、歌手・サックス奏者でもあるaikaが手掛けたもの。

「この曲で、スゥーッと自分が楽になった感じ。さすがお姉ちゃん、と恐くなるくらいに、自分の心にマッチする一曲で…。この曲のおかげで、いろいろな自分を好きになれた、自分の全てを受け入れることができた、そんな楽曲です」(平原)

──と語る彼女にとって、「家族」は本当にかけがえのない、心から大切な存在だ。父はサックス奏者の平原まこと。姉はアメリカ在住の歌手、サックス奏者であるaika。そして、教師をしているという母が、平原綾香を支える彼女のパワーの源。

「自分が頑張っていくための活力源は、私にとってはやっぱり家族。自分にとって、帰れる場所があるということは、安心できるものですよね。例えばそれが家族じゃなくても、大切に思える人がいれば、人って頑張れるものじゃないかな、って思うんです」(平原)

20090129-1233219563──同じ音楽の道を歩む、父、姉とともに「平原さんちのコンサート」というファミリーコンサートも、これまで開催してきた。そんな家族とのステージはどんなものなのだろうか。

「家族が集まると家庭が見える…、んですよね。このファミリーコンサートのステージでは、母以外の家族が揃うので、素の会話が繰り広げられちゃうんです。しかも、普段の会話の取りまとめは母なので、このステージでは、収拾がつかなくなっちゃいますね」(平原)

──凛とした美しさに溢れ、年上の女性からも支持される魅力を持つ彼女に、女性としての魅力の秘密を聞いてみた。

「女性としての魅力はわからないけれど、常に凛とした自分でありたい、母みたいな女性になれたらいいなと思っています。母がくれるアドバイスは不思議と私を良い方向へと導いてくれるのですよね。母親が子どもに与えてくれる力に気付いていない人って多いと思うのだけど、そんな人には、ぜひ気付いてほしいなって思います。母親ってホントすごいですよ」(平原)

──目標が「母親」と言える素敵な関係が築かれている母娘、パワーの源だと言える「家族」。彼女を培ってきたそんな素晴らしい環境が、平原綾香の内面からにじみ出る人としての魅力につながっていることが伺えた。宮崎の女性へのメッセージは?との問いかけには、

「宮崎の女性は凛とした人が多いのではないかなというイメージが私の中にはあるんです。だから、宮崎の女性には、そのままでいてほしいな…、って思います。恋愛にしても、この人がいないと生きていけない、みたいな献身的な愛じゃなく、平等な愛情を持つことが素敵ですよね。自分一人でも生きられるけれど、この人がいればもっと嬉しい。そんな恋愛ができるといいですよね」(平原)

──と笑顔で答えてくれた。人として、女性として、輝く彼女の魅力を一番に実感できるのはやはりライブ会場。今回のツアーのみどころは?

「宇宙的な広がりを感じられる、宇宙をイメージできるようなステージになると思います。また、観客の皆さんとも横のつながりを持った絆を深めたいですね」(平原)

──待望の宮崎公演は2009年2月15日。人として、女性としてますます輝きを増した彼女の魅力、宇宙を感じる平原綾香の世界観を、生のステージで、ぜひ、より多くの人たちに実感してほしい。

※平原綾香ライブ情報の詳細は月刊Chargeにて。

「平原 綾香」さんのオススメ記事

10周年を迎え、更に磨きをかけた 平原綾香が宮崎ライブを開催!

私にとって「Jupiter」は、守護神のような存在

約3年ぶりのアルバム「ドキッ!」をひっさげての全国ツアー!

CONCERTTOUR2010~from The New World~宮崎公演ライブレポ

ライブレポート/エフエム佐賀 PREMIUM LIVE Together

クラシックってメロディ自体がまるで1人の人間、生きている感じがするんです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  2. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  3. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  4. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  5. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  6. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  10. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  2. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
  3. ひなた宮崎経済新聞

    2018-11-25

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.113 田代 くるみさん

    宮崎を盛り上げたいと 編集・PR・ライティング会社を起業 東京と宮崎を拠点に活躍 Mont…
ページ上部へ戻る