【Charge】Artist interview ~CASCADE~

20100519-1274234502劇的な復活から1年!!
さらにDEEPに、さらにPOPに進化を遂げる!!

復活後初のCDシングル、待望のフルアルバムをリリースのCASCADEにインタビュー!!

──2009年、ファン待望の再始動からこの1年はどんな感じでしたか?
TAMA(以下、T) 復活ライブをして、ツアーに出て、配信の発売があってと、あっという間の1年だったかな。自分たちの勘を取り戻す期間でもありましたね。

──待っていたファンを肌で感じることもあったのでは?
T たくさん待っていてくれた人たちを感じることができましたよ。自分たちもそうなんですが、ライブをやり始めると、あっ、この感覚は忘れてなかったんなって、そんな感じ。CASCADEのライブだ! と肌で感じました。

──特に思い出に残ったことなどは?
T デビューシングルを演奏した時のこと。活動休止前の後半、あまりやっていなかったのにも関わらず、とても盛り上がったんです。それが印象的でしたね。
MASASHI(以下、M) この1年、いろいろやってきて、今回、まとまって新作をみんなの元に届けることができたので、僕らももちろん嬉しいけれど、聴いてくれるみんなも待っていてくれたんじゃないかな、と感じています。
HIROSHI(以下、H) 復活後、ずっとブログを書いているのだけど、、ファンのみんなから「懐かしい」という声もあるのだけど、それ以上に、建設的な話というか、先の話ばかり届くんです。「早く音源出して下さい!」とか、未来をみている話が多くって…。それがすごくいいな、と感じていますね。

──4月14日リリースのニューシングル「パーティフルサルマンライフ」について教えてください。
T これを聴いて、家でも「ワッセ、ワッセ」と一人でも、家族でも盛り上がっていただきたいですよね。通勤時でも、通学時でも、いろんな聴き方をして、アガってほしいですね。

──ライブで聴きたい! と感じる曲ですよね。
T もちろん、それが一番ですけどね!!
M この曲を作ったコンセプトはやっぱりライブで演奏してみんなが盛り上がってくれる曲を作りたいということ。間違いなくライブで一番盛り上がってもらってます。
H 元気が出る曲です。この雑誌は頑張る女性をサポートするという雑誌ということなので、人生いろんなことがあると思いますが、これを聴いて元気になってくれたらいいなと思います。

──5月19日リリースのニューアルバム「メガラニカ」は復活後初、そして9年ぶりのフルアルバムということですが、コンセプトは?
T CASCADEとしての姿勢は基本的には変わらないと思っていますが、自分たちの新境地かな。ライブでガツンと盛り上がれる曲がほしいね、というのが、このアルバムのコンセプトだったりするのかもしれないですね。

──これを持ってツアーへ!!ということですが、ツアーの構成などは?
T まさに今から創っていくところです。
H 今は頭の中に、おぼろげにある感じですね。
M 新曲がいっぱいあるので、それをたくさん出せる形で…、とは思っています。現場でやってみて、その反応で変わってくるのも醍醐味です。

──今回のシングル、アルバムのプロデューサーに岡野ハジメさんを迎えてということですが、どのような出会いやきっかけがあったのでしょうか?
M 僕たち、三人で曲を作るんですが、プラスα、客観的に僕たちのいいところを引き出してくれる人がほしいね、ということで岡野ハジメさんの名前があがったんです。実際、会って話をしていく中で、なんで今まで岡野さんと一緒にやらなかったんだろう…、という、いいノリを感じて。
H 初めて会ったのに、話す、話す。こんなの好き、あんなの好きと音楽についての話をしていたら、そのとき、僕らが好きで聴いていた畑の中にまさにいた人なんですよね。

──いつかどこかで繋がるべくして繋がったという感じですね。岡野さんの「CASCADEのファンは、死ぬまでCASCADEのファンなんだな」という言葉が印象的だったのですが…。
T 岡野さんらしいコメントだな~。僕たちは直接、そのコメントは教えてもらってなかったんですごい嬉しいですね。
H いや、ほんと嬉しいですね。
M 君たちは宇宙から来た留学生だよ!なんて言われてましたね。

──6月18日からスタートする全国ツアー「メガラニカ15 1 A(いちごいちえ)」の見どころを教えてください!
T 全力でいくので、無心で楽しみに来て下さい。僕たちの勇姿をご覧ください!!
M もちろん、一期一会とかけているのですが、15ヶ所まわるので、15ヶ所、それぞれが間違いなく一番ええところやで、という思いも込めてるんです。今回、宮崎はなく残念ですが、熊本、福岡もあるので、ぜひ足を運んでもらえたら、と思います。

──今後について一言、お願いします。
T 80歳までCASCADEやります!
M 作品ができて、新たな航海に出ることができたんで楽しんでいきたいです。
H 基本は楽しく! 楽曲にも磨きをかけて、ライブはより楽しくしていけたらと思っています。

──頑張る女性にメッセージを!
T 人の目を気にすると疲れてしまうと思うんです。頑張り過ぎず、そのままの自分で、自分らしく輝いていって下さい。
M 女性はキレイなものを見たりすると、それを反映できる。例えば素敵な映画だったり…、音楽でいえばCASCADE! どんどん聴いて、キレイになってください。
H 仕事でも、家事でも、一生懸命やっている女性の姿はカッコいい。頑張ったら絶対幸せになれるんじゃないかな、と思います。

──では最後に、宮崎のみんなにメッセージを!
T 絶対に宮崎にも行きたいと思います。待っていて下さい。
H ライブは全県行きたいくらい。近い将来、必ず行きたいと思います。それまでは我慢して遠征してもらえたら嬉しいです。
M 今、全国的にもクローズアップされている宮崎に、ぜひ、行きたいと思っています。

20090513-1242181973
20100519-1274234509Single
【パーティフルサルマンライフ】
NOW ON SALE
2010年年始ライブで初披露した楽曲。CASCADEならではのポッブなメロディはもちろん、インパクトのあるキャッチ・フレーズ、掛け声は一度聞いたら忘れられない!!
●¥1200(tax in)ASCM-6083


20100519-1274234516Album
【メガラニカ】
2010.5.19 Release
ドライブ感あふれるロック・チューンの中にも、メジャー・テイストに満ちた緻密なサウンドを展開。一皮むけ、新境地を開拓したポップかつアップ・トゥ・デイトなバンドサウンド!!
●¥2800(tax in)ASCM-6085

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  2. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  3. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  8. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  9. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  10. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん

    自らが楽しむことをモットーに 音楽家・俳優・ボイストレーナーとして 多彩な才能を駆使する表現…
  2. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.134 西 真由美さん

    宮崎の良さが詰まった商品を作り、 その魅力を最大限に表現する プロデュースのエキスパート…
  3. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
ページ上部へ戻る