【KIRISIMA】Shochu Club Vol.91 長澤 孝美さん

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141701ch_ontime_mainよりよい療養生活が送れるように
患者と家族に寄り添い
365日24時間サポート

Monthly Guest vol.91
長澤 孝美
医療法人 宮崎ホームケアクリニック
事務長、看護師

Profile
大分県出身。准看護学校を卒業後、看護師として病院勤務。結婚・出産後、スキルアップを目指し正看護師の資格を取得するため看護学校へ。卒業後神戸の病院で勤務。平成17年宮崎へ移住。鵬翔高等学校で教員を務める。平成25年宮崎ホームケアクリニックを開院。
http://miyazakihomecare.com/

「病を患ってしまったとき、どこで過ごせば、体も心も落ち着き、心地よい日々が送れますか?」。いつもそんな問いを投げかけ、患者と家族が望む医療が受けられるように力を注いでいるのが、看護師で宮崎ホームケアクリニック事務長の長澤孝美さん。平成25年、在宅医療に特化した訪問診療専門の在宅支援診療所「宮崎ホームケアクリニック」を夫で医師の長澤伸二さんと開院した。
医療を受けたくても病院へ行くことが困難な人、退院後の在宅医療に自信が持てない人、在宅での医療処置を必要としている人、難病や重度障がいを持っている人、終末期を自宅で過ごしたい人…。そんな医療を受けたいけどどうしたらいいか分からない、と困っている人たちの力になり、よりよい生活が送ってもらえるようにと、365日24時間体制でサポートをしている。
在宅支援診療所の開院は孝美さんの長年の願いだった。准看護師として医療界で働き始めた孝美さんは、スキルアップをしたいという思いが大きかった。その思いから、出産後、子どもが2歳のときに、正看護師の資格を取得しようと看護学校へ通い始めた。実習や夜間勤務など、母親、妻をしながら学生、仕事をこなす日々。多忙のあまり、子どもに吃音障がいが出た時期もあった。自分を責めることもあったが、吃音も子どもの個性と認め受け入れていたら、自然と治っていったという。そして看護学校を主席で卒業。神戸の病院で外科、救急の看護師としてキャリアを積んだ。さまざまな患者に寄り添いながらもめまぐるしい日々に、「ゆっくり患者さんと向き合えたら」という思いが募っていった。1701ch_ontime_sub
平成17年に宮崎へ移住、高校の教員を務めながら思いは固まった。教員を辞め、在宅医療診療所立ち上げに奔走し、平成25年に念願をかなえた。開院当初はスタッフも少なく、24時間いつ呼び出されるか分からない気の休まらない日々を送ってきた。3年たった現在は、訪問看護師やケアマネージャー、緊急時のサポート病院などと連携して患者をサポートする体制を築くことができてきた。孝美さんの現在の主な活動は、相談が来た患者のもとを訪ね、患者、家族とどういう医療が受けたいのかを納得いくまで話し合う。場合によっては、「最期をどう過ごしたいか」まで話して決めなくてはいけないときもある。患者と家族の意見が違うこと、在宅での療養が難しく、患者に合う施設を探しても合わないことなど、ベストな道がなかなか見つからず思い悩む日々もある。そんな時は「こんな医療を受けるところがあったなんて」と言ってもらえたこれまでの経験を活力に踏ん張っている。
オフの日は社会人から始めた大好きなテニスで汗をかき、気分一新している。3年前からは、ビーチテニスも始め、毎年8月に宮崎市で開催される「宮崎国際ビーチテニス大会」の運営にも尽力している。仕事にテニスに真剣勝負の日々をほぐしてくれるのが晩酌。「焼酎の香りに癒されています。中でも赤霧島が気にいっています」。
宮崎市中心部での在宅医療の連携は充実しつつある。今後は、医療を受けたくても受けられていない地域の人たちのサポートをしたいと考えている。
syochuclub_title_offtime0514

1701ch_offtime寿司道50年の職人が握る
こだわり抜いた
シャリの旨さが際立つ鮨処

宮崎市江平商店街で43年間に渡り1代で築き上げた鮨処を、元気に営業している「うを長」。「寿司のことなら自信あり」を掲げる大将・佐々木一男さんは約50年、寿司道を日々究め、来店する人の舌をつかみ続けている。今月のゲストの長澤孝美さんは「どこのお寿司よりもおいしい。ここのお寿司は食べてみて欲しいです。穴子はとろけるし、マグロ、バッテラ、鉄火巻き…挙げたらきりがないです」と大絶賛。大将曰く「シャリが違う」。寿司の旨さは一番がシャリ、その次にネタで決まるという。新米と古米をいい塩梅にブレンド、井戸水で炊き上げ、シャリ酢をあえる。加える酢も選び抜いた上質なものを使う。そうすると、ツヤがありふっくらしっかりとしたシャリへと仕上がる。これに抜群の鮮度で仕入れた魚を旨みがのるように寝かしたネタで握る。カウンター、座敷、個室とあるが、大将のおすすめはカウンター。大理石のカウンターに握りたての寿司が置かれる。握りたては至福の一口だ。おいしさには裏打ちされた技術とこだわりがある。しかし、おいしさの押し付けはせず、「食べた人が感じてくれればいい」とおおらかな人間味で来店する人を楽しませている。こだわり抜いた寿司を食べたいときは、1人でも家族連れでも訪れるといい。元気なかけ声で出迎えてくれる。

1701ch_wuwo_menu
▲上にぎり2090円(税込)、天ぷら盛り合わせ1130円(税込)、刺身盛り合わせ1620円(税込)、吸い物、茶わん蒸しは来店者にサービスとして提供

1701ch_wuwo_tennai
鮨処 うを長
住所 宮崎市江平東1丁目1-4
電話番号 0985-27-6107
営業時間 昼 11:30~14:00(LO13:30)、夜 17:00~22:00(LO21:30)
定休日 水曜日
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  4. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  5. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  9. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  10. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る