【KIRISIMA】Shochu Club Vol.97 ほそ山田 久美子さん

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141707ch_ontime_main自分探しの末に出会えた天職
真っ白な器に描いて作る
世界に一つしかないマイブランド

Monthly Guest vol.97
ほそ山田 久美子
Atelier Kumi~あとりえ・きゅーみー~ 代表
日本ヴォーグ社認定 ポーセラーツインストラクター

Profile
都城市出身。香蘭ファッションデザイン専門学校卒業後、アパレル会社で服飾販売、企画室などを経験。福岡市のデパ地下、東京でリラクゼーション、英会話教室事務など多方面の仕事を経験。結婚後、夫の転勤で宮城へ。東日本大震災後帰郷。

4年前からポーセラーツの勉強を始める。福岡のラクロッシュ・竹森久美氏に師事。福岡へ通いながら学び、ポーセラーツインストラクターを取得。現在は、宮崎市や高鍋町、日向市などでレッスンを開催。1児の母。

世界にたった一つしかないオリジナルの器を自分の手で作る「ポーセラーツ」。そのインストラクターとして県内を忙しく駆け回っているのが、ほそ山田久美子さん。自宅でのレッスンのほか、県内各地で出張教室をしている。

「ポーセラーツ」とはポーセリン(磁器)とアート(芸術)を組み合わせた造語。真っ白な器にシール感覚で使える転写紙を切り貼りして模様をいれたり、絵具で手書きの模様を描くなどした器を800度の窯で焼き上げ、マイブランドの器を仕上げていくもの。色や模様付けを自由に楽しめ、自分好みの食器や小物が作れると、人気が高まっている。

ほそ山田さんがインストラクターになるきっかけとなったのは東日本大震災だった。さまざまな職種を経験後、結婚し、夫の赴任先の宮城県で暮らしていた。息子を自然の中で遊ばせ、読み聞かせをたくさんするなど、専業主婦で子どもとの時間を大切に過ごしていた。そんな日常に起きた東日本大震災。眼前に押し寄せる津波を見て思った。「人はいずれ死んでしまう。一度きりの人生、好きなことをしないと」と。震災4日後に家族で都城へ帰郷。そこから「自分は何がしたいのか」と自分探しを始めた。

1707ch_ontime_subそんなある日、目にしたポーセラーツのブログ。早速、福岡で開催される作品展を見に行き、師となる竹森久美氏と出会う。3歳の頃から祖母の勧めで絵を描き始め、美術展で入選したこともあるほど、絵が大好き。ポーセラーツとは運命の出会いだった。ポーセラーツを学びたいと、月に数回、福岡まで通い、インストラクターの資格を取得。インストラクターとしての活動を始めた。

しかし、4年前はまだ「ポーセラーツ」の認知度は低かった。広く知ってもらうために、レッスン料は取らず、材料費だけでの教室を開催。絵付けが終わった器は自宅の窯で焼いて仕上げ、届ける活動を続けてきた。今では、出張教室やPTAの家庭学級の講座に呼ばれたり、卒園・卒業記念品としての注文が入ったりと、休みの日が取れないほどの人気となり、フル稼働の日々。

どんなに忙しくても、食事には気を付けているというほそ山田さん。できる限り、手作り料理で食を囲むようにしている。そして、ゆっくりできる日は、焼酎タイムでリラックス。「赤霧島が好きです。芋の香りが芳醇でまろやかなところが好き。元気がでます」。

ほそ山田さんが「ポーセラーツ」を広めているのは、日本製品を使ってほしいとの思いも込められている。その思いから、ほそ山田さんは「ポーセラーツ」に、日本製の白磁を使っている。「日本人が日本製品を使わなくなると、受け継がれてきた伝統技術や職人がなくなってしまいます。日本製品の品質の高さや、よさを知ってほしいです」。「ポーセラーツ」を通してお気に入りの器に出会うことで、日本の伝統技術の尊さ、モノを大切に使う心を届けたいと頑張っている。

syochuclub_title_offtime05141707ch_offtime素材に、料理法に、こだわり
食材が持つおいしさを堪能できる
粋な和食小料理屋

店の入り口には、奥ゆかしさを感じる和色の暖簾がかかっている。宮崎市にある小料理「花浅葱(はなあさぎ)」。屋号の「花浅葱」はツユクサで染めたわずかに緑を帯びた青色のこと。その色の暖簾がかかっているのだ。扉を開くとご主人・永 雄太さんがカウンターに立ち、和装の女将が出迎えてくれる。

メニューはランチも夜も2種類。品数が限られているのには理由がある。料理界で約20年、腕を磨き続けてきたご主人が手間暇惜しまず料理しているからだ。例えば、和食の味を決めるだし。厳選の昆布とかつお節、マグロ節をどの割合で使うかも信念を持っている。

野菜は叔父が育てた無農薬のもの。魚は漁師の父親が釣ったものを調理。季節の恵みを旬でいただけるのだ。そんな料理を今月のゲストのほそ山田久美子さんも大絶賛。「初めて食べたときから、とっても気に入ってしまいました。料理の最後には土鍋でご飯が出てくるのですが『もうお腹いっぱい、入らない』と言いながら完食しましたね」。

料理に加え、気さくなご主人と女将とのおしゃべりも楽しい。丁寧に作られた食を囲み、心地よい時間を過ごすことができる小料理店だ。

1707ch_hanaasagi_menu
▲はな膳1080円(税込)の一部。前菜(もずく酢、鯖の棒寿司、酢鶏ごぼう、ヤマモモの蜜煮、トウモロコシのかき揚げ)、お椀(スズキのあられ揚げ、ゴマ豆腐)、小鉢(焼き茄子と焼きピーマンのにこごり)

1707ch_hanaasagi_tennai
小料理 花浅葱
住所 宮崎市鶴島3-172-1 第2永吉ビル1階
電話番号 0985-23-1038
営業時間 月~金曜日 11:00~14:30(LO14:00)
土曜日  18:00~22:00(LO21:00)※予約が確実
定休日 日曜日、第2・4月曜日
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  4. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  5. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-2-19

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.116 井手 真弓さん

    企業と働く人に寄り添い 働く喜びを感じる 職場づくりに貢献したい Monthly Gu…
  2. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  3. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
ページ上部へ戻る