【KIRISIMA】Shoch Club Vol.16 堀内 景子

shochuclub1
20110812-1313110618表現する楽しさを知ると
みんな元気になります
Monthly Guest vol.16
堀内 景子さん 書家
まるで笑っているような字、いかにも悲しそうな字。書家の堀内景子さんが描く文字は、どれも豊かな表情を持つ。その文字たちは、「言葉の背景をイメージしながら、その時の気持ちを乗せて書いた文字」だと言う。
堀内さんは子どもの頃から習字教室に通って書道に親しんだ。就職、結婚で遠ざかっていたが、子育て真っ最中だった25年ほど前、高鍋公民館で書道教室が開かれることを知り「書きたい」衝動にかられた。「その頃、奥さんやお母さんと呼ばれて、自分ではないような気がしていた。何だか無性に“自分”を表現してみたくなったんです。それが書くことでした」。
堀内さんの書作は、イメージを膨らませることから始まる。俳優が役になりきるように笑ったり、怒ったり、踊ってみたり。仕事や家事をしながらでも頭の中は存分に楽しみ、悩んでいる。そうして、配置や描き方までイメージできたら、一気に書き上げる。「だからまとまった時間がとれなくても、書ける時に道具をぱっと出してぱっと書く。何度も書き直すことはあまりしないですね」。
聞いていると十分な基礎ありきに思えるが、その手法は主宰する「楽しみま書教室」で惜しげなく伝授されている。
筆の持ち方、線の引き方、構図など基本を教えて、あとはイメージを膨らませていくと、自分だけの作品ができあがるという。「今までお手本なしでは書けなかったのに、自分の作品が作れた」、「知人に書いて欲しいと頼まれた」など、生徒たちの感想は、創作によって思いがけない自分を発見できた喜びに溢れている。  出会いが大好きで、宴会も好き。「お酒は飲めませんけど、飲んだイメージで盛り上がれますよ」と笑う堀内さん。その笑顔と行動力で、表現の素晴らしさを広める伝道師のようだ。

20110812-1313110624Profile
熊本県出身。小学2年生から習字教室に通う。
平成11年に友人と初の作品展。平成15年から県内での教室も始め、大阪、東京でも個展や体験教室を開催。読売書法展入選、幽源展入賞など。タイガー炊飯ジャー「土鍋釜・黒」、ミスタードーナツのCMロゴも手がける。4月から半年間、宮日新聞にコラムを連載。高鍋町在住。
●教室名:楽しみま書
TEL:090-2082-1122
http://www.tanoshimimasho.com/
shochuclub2

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  2. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  3. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  4. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  5. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  6. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  7. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  8. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  9. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  10. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る