【KIRISIMA】Shoch Club Vol.11 達中 美枝

shochuclub120110812-1313114521装いで人生を楽しむアドバイス
「無理しない。でも、ちょっと頑張る」
Monthly Guest vol.11
達中 美枝さん ブティックTAIZO 経営
「店で接客している時は、その人にどんな服が似合うかを、とにかく一所懸命に考えます。だから店が終わるとくたくた…」と笑顔で話すのは、夫の泰三さんとふたりで「ブティックTAIZO」を経営する達中美枝さん。
宮崎市橘通りにある同店はメーカーやブランドにこだわらず、オーナーの知識とセンスで仕入れをするセレクトショップ。流行をさりげなく取り入れた上質なラインナップは、幅広い年代が長く付き合えることから、根強いファンを持つ。さらに商品を生き生きさせているのが達中さんの接客ぶりで、ベテランならではの安心感が光る。
「この仕事一筋で30年!学生時代にフロアーショーのモデルをさせてもらったのがきっかけで、ブティックの販売を手伝うようになると、そこでのお客様との会話から得る知識も、服飾の仕事も、どれも新鮮で楽しくて。その気持ちのまま、今があるのかもしれませんね」。
結婚後は、よきパートナーと二人三脚。一時は子育てをしながら、ボンベルタ橘で4店舗を経営していたこともある。
「理解しあえる夫がいて、みなさんに助けてもらって、今があります。私はお客さんに喜んでもらえることを考えるのが嬉しくて、気が付いたらここまで来たって感じです」とにっこり。
そんな達中さんが教えるファッションセンスに磨きをかけるコツは、好みのものに流行や彩りをひとつ取り入れてみること。「思った以上に似合っていて嬉しくなったり、周りからも素敵ねと言われるかも。今よりもちょっと頑張ってみるだけで、もっともっと変われますよ」。人生の楽しみ方にも応用できそうな、素敵なアドバイスをくれた。
店は無休で、なかなかプライベートな時間はなさそうだが、休みの日の楽しみは家の掃除や片づけ。仕事帰りに食事に行って「おいしいお酒を楽しんでいる人たちと、同じテンションで楽しむ」のもストレス解消のひとつ。
「毎日、ちょっとだけ頑張る!」そんな日々の頑張りの積み重ねが、今日も達中さんを前進させている。

20110812-1313114526Profile
宮崎市出身。県立西高校から宮崎大学農学部へ進学するが、病気のため休学。その間に出会った服飾関係の仕事に惹かれて、ブティックでの販売へ。24歳で夫・泰三さんと結婚し、ショップ経営を始める。現在、アゲインビル1階「ブティックTAIZO」を夫と二人で経営。

●ブティックTAIZO
宮崎市橘通東3-1-11アゲインビル1F
TEL.0985-27-5827
shochuclub2

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  3. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  4. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  5. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  9. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る