【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

  • 2019/5/10
  • 【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん はコメントを受け付けていません。



ステンドグラスの奥からもれる
幻想的な光の揺らぎを
陶器を使って創作する造形作家

Monthly Guest vol.119
坂本 智子

工房 銀の波 代表
造形作家・陶芸家・クリエイトプロモーター

Profile
宮崎市出身。熊本大学大学院理学研究科を卒業後、食品会社商品研究・開発職に就職。趣味で始めた陶芸にひかれ、造形作家の道に専念することに。福岡で約7年工房を構えた後、宮崎に帰郷し、工房 銀の波を開く。モノづくりを通して出会う縁と枠にとらわれないビジネスを楽しみながら挑戦を続けるクリエイトプロモーター。

いろいろな色やカタチの灯りをともすステンドグラスのランプ。ランプの灯りが壁や床に映えるさまは、幻想的で見る人の心を和ませてくれる。作っているのは工房 銀の波 代表・坂本智子さんだ。

北国の春をイメージしながら作るムーミンの家型のランプシリーズや、銀河鉄道の夜をイメージした置物シリーズ、小さな器から大皿、アクセサリーなどさまざまなものを陶器やステンドグラスを使って生み出している。宮崎に工房を開いてから16年。県内外から注文がくるオーダーメイドの制作のほか、展示販売会や出張講座、工房での体験教室など幅広く活動している。

坂本さんがモノづくりに目覚めたのは大学卒業後に就職してからだった。友人に誘われて趣味で始めた陶芸の世界にすっかり魅了されたのだ。仕事を退職し、福岡で7年程工房を構えたが、より制作環境の整った工房を持ちたいと帰郷。宮崎市清武町に工房を作ることにした。ろくろで制作する工房とステンドグラスを制作する工房に、窯を備え、築80年になる古民家を改装した店舗には魅力あふれる作品がずらりと並んでいる。そこで日々制作に励んでいる。

なかでも坂本さんが得意とし、力を注いでいるのがステンドグラスと陶器で作るランプだ。制作は作りたいランプのイメージを膨らませるところから始まる。そして数種類の色のステンドグラスをイメージ通りにカットし、形づくった陶器に電気ゴテでつけていく。灯りがもれるように切り込みを入れたり、模様を入れたり、ステンドグラスの色や形を変えたり、ゴールのない奥深さがモノづくりにはある。そして作りあげたものを乾燥させ、灯油と薪で焼いていく。

薪ならではの風合いが作品をさらに魅力あるものに仕上げてくれる。「窯を開けてみないと、どのような仕上がりになっているか分からないのです。その日の温度や酸素の量など、ちょっとした変化で風合いが違うのです。同じものは作れないですね。だからこそ楽しいのです」。

20年以上に渡り制作を続けているが、制作意欲は増すばかり。「休みは必要ない」と話すほど制作するのが楽しく作り続けているという。たまに設けるオフの日は、県外の工房などを散策したり、いろいろな作品を見たりして、さらに想像力を掻き立てて楽しむという。

坂本さんへの依頼は個人からだけでなく飲食店などの業者、県外からのオーダーも多い。県外から注文に来た場合は一緒に食事に行くこともある。「焼酎好きの来客者も多く、霧島の焼酎を本場で飲めると喜んで味わっています」。坂本さん自身も焼酎サーバーや焼酎グラスを作るなど、焼酎を楽しめる陶器づくりも手掛けている。

「手作りのモノは気持ちがホッと安らぎ、飽きがこないのです。想像力を膨らませてモノを作っていく楽しさを、もっともっと広めていきたい」と、今後は体験できる場づくりにも力を入れていきたいと考えている。


世界から称賛を博する
宮崎ブランドの「尾崎牛」
幻の希少部位が食べられる焼肉店

今月のゲスト・坂本智子さんが自信を持ってオススメするのは、宮崎市中心街にある「宮崎尾崎牛のくらした」。「県外から知人が来た時にはこのお店で食事をするのです。みなさん美味しさに大満足してくれます」。

同店は「幻の和牛」と称される「尾崎牛」を一頭買いし、希少部位まで余すとこなく堪能できる焼肉店。尾崎牛とは良質の水や、新鮮な空気など環境が整った牧場で、抗生物質や防腐剤などを使用せず、自家配合飼料で育てたこだわり抜いた牛だ。各席に準備されたランチョンマットにはその日提供している牛の個体識別番号とB.M.S(牛脂肪交雑基準)の格付けが記されている。

上品で美しい薄赤色に細かくサシが入った肉は、口のなかでとろけながらも、噛むほどにうま味が広がり、香りが鼻から抜けていく。なかでもオススメは「牛刺し」と「ユッケ」。厚生労働省新基準に基づき枝肉を加工し細菌検査をしているので、生食できる貴重なお店でもあるのだ。

店内には著名人のサインがずらりと並ぶ。ファミリー層から県外客まで幅広く愛されているお店だ。


▲「尾崎牛盛り合わせ(4人前)」12,800円(税別)※1人あたり3200円(税別)、尾崎牛盛り合わせ1~2人前は1人あたり3500円(税別)、「尾崎牛ユッケ」2500円(税別)


宮崎尾崎牛のくらした

住所 宮崎市橘通西3-3-17 ミッキービル1階
電話番号 050-3530-8754
営業時間 18:00~24:00(LO23:00)
定休日 不定休

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  3. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  6. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  7. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  8. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  9. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る