【KIRISIMA】Shochu Club Vol.61 山﨑 結花

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141407ch_ontime_main乳がんの体験がきっかけ
心と体の大切さを伝える
自然療法セラピスト

Monthly Guest vol.61
山﨑 結花
セラピスト
ナチュラルグリーン代表

Profile
鹿児島出身。13年前に夫の転勤で宮崎に。育児疲れを解放したいとアロマセラピーを学び始めセラピストに。7年前に乳がんが発覚。手術後は自然療法で再発を防いでいる。がんをきっかけに自分の体と心と深く向き合い、びわ温熱療法指導員になる。自宅サロン「ナチュラルグリーン」で、びわ温熱療法やアロマセラピー、リコネクションなどをしている。ほか、がん患者が学ぶNPO法人「CFF」理事、食の重要性を伝える「豆米クラブ」の世話人などもしている。
http://naturalgreen-aroma.com/

自然療法で体の力を引き出すセラピストをしている山�結花さん。自宅サロンで、びわ温熱療法や経路アロマトリートメント、リコネクションなどの療法をしている。
この仕事をするきっかけは7年前。3人の子育てに追われる日々の中、数年ぶりに1人でお風呂に入ったとき、胸に違和感を覚えた。検査をしてみると乳がんが発覚。手術後の治療として化学療法に踏み切れず、自然療法を選んだことに始まる。
再発しない体にするにはどうしたらいいのか。本を読みあさり、いろいろな人に話を聞く中、びわ温熱療法に出会った。ビワの葉の薬効と温灸、指圧を組み合わせた療法。「こんなに気持ちいいんだ」と体と心が解放されていくのを感じた。
1407ch_ontime_subがんを体験したことで、一番感じたことは自分らしく生きることの大切さ。心の持ち方が症状を起こし病気を作っていく。心の扉は自分で開かないと治していけない。体験が少しでも人の役に立てたらと、びわ温熱療法指導員になり、アロマセラピストの技術も生かし自然療法を伝えるようになった。 自宅サロンをする中で心掛けているのは、訪ねてくる人の体からのメッセージ(症状)を一緒に共有し、どうして症状が起きるか、どのようにしていけばいいかをゆっくり時間をかけながら話していくこと。ツボをほぐし内臓に働きかける経絡アロマトリートメントやその人らしさを呼び覚ますリコネクションなど、その人に合う療法を選び手当をしていく。「とても楽になりました」と元気になっていく姿を見るのが何よりものやりがいになっている。
食べ物が体を作っているのもがんを経験して得たこと。それ以来、玄米菜食を心掛けている。食事の大切さを伝える活動として、「豆米くらぶ」の世話人もしている。味噌作りや塩麹作り、そば打ちなどの料理講習会や、幼稚園や保育園、小学校で親子の料理体験教室などをしている。5月からはセラピスト仲間で「ごきげんよう会」を設立。多くの人に「ごきげん」になってもらおうと、びわ種エキス作りのワークショップなどを定期的に開いている。
今、楽しみにしているのは半年後にできる梅酒。これまではホワイトリカーで漬けていたのを、今年は初めて黒霧島でつけてみた。出来上がった梅酒をちびちび飲める日が待ち遠しい。
これからは、「その人の症状にあった手当をより深くきっちりできるスペシャリストになりたい」と更なる研鑽に意欲がみなぎっている。
syochuclub_title_offtime051420140806-1407284030地元生産者が育てた
旬の恵みで彩る
オーガニック創作料理ビュッフェ

宮崎市の平和台公園内にあるオーガニックレストラン「sizen」。店の中央がオープンキッチンになっていて、作りたての料理を次々とカウンターに出すビュッフェ式のレストランだ。サラダ、煮物、和え物、揚げ物など旬の野菜をさまざまな味わいで楽しめるほか、刀根鶏を使った料理、手ごねピザなど約30種類が並ぶ。
コンセプトは「体の中から美しくなるヘルシー料理を提供すること」。使う食材は、有機栽培米や無農薬野菜を中心に地元生産者が丹精込めて育てた農作物がほとんど。これらを、シェフ達が食材本来の味わいが活きた料理に創作する。オープン当初からの人気はオリジナルの「えのき南蛮」。エノキタケを揚げて南蛮酢でからめ、タルタルソースでいただく一品だ。
野菜中心の食事を常々している山�さんにとって、ここはお気に入りのスポット。「その土地に根差した旬のものを、美味しくいただけるのは、ありがたいことだと思うんです。心も体も満たされます」。
料理のほか、ドリンクも。生姜シロップと炭酸水を好みでブレンドして作るオリジナルのジンジャエール、キャベツ粉の青汁、リンゴ酢、ミント水など13種類が揃っている。

20140806-1407284051
▲オーガニック料理が並ぶビュッフェ大人1,590円、シルバー1,090円、小人990円。この日は、「シーザーサラダ」「釜揚げちりめんの和風サラダ」「青梅の蜜煮」「黒鯛のジェノバ風クロスティーニ」「えのき南蛮」「刀根鶏の香草焼」など。

20140806-1407284068
オーガニックレストランsizen
住所 宮崎市下北方町越ヶ追6146平和台公園レストハウス1F
電話番号 0985-31-3693
営業時間 11:00~16:00(LO14:30)
18:00~22:00(LO20:00)
*夜は金・土・日曜のみ
定休日 月・火曜日(祝日の場合は営業)
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  2. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle BeR…
  3. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  8. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  9. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…

インタビュー記事

  1. THE RAMPAGE from EXILE TRIBE 吉野北人interview 4月25日に…
  2. 祝、デビュー5周年突入!3回目のFREEDOM出演、そして初のベストアルバムリリース! Q. 九州…
  3. 「結婚式で聞きたい曲」に常に上位ランクイン‼出逢いから「純白の花嫁」になるまでの物語を紡ぐラブソング…

宮崎☆働く美人

  1. 2018-7-13

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.109 松田 葵美香さん

    子どもから高齢者までが交流できる 新しい地域福祉づくりを宮崎から。 コミュニティビジネスへの挑戦…
  2. 2018-6-11

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.108 三浦 右子さん

    “コンプレックスを魅力に変える” キレイは自信と輝きの源 女性を元気にする「美」のアドバイザー …
  3. 2018-5-14

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.107 奥津 陽子さん

    ひとりひとりの可能性を引き出し 羽ばたく力を育ててくれる ピアノの先生 Monthly…
ページ上部へ戻る