【KIRISIMA】Shochu Club Vol.53 稲森 愛

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141311ch_sc_ontime_main卓越した力量と音楽的センスで
聴衆を魅了するピアニスト
バロック音楽の分野でも活躍

Monthly Guest vol.53
稲森 愛
ピアニスト

Profile
宮崎市出身。3歳よりピアノを始める。幼少時より定期的に海外ピアニストのレッスンを受け、大学卒業後も現地での研鑽を重ねている。第16回飯塚新人音楽コンクール入賞他多数受賞。3大銘器と謳われる「ベヒシュタイン」を用いてコンサートを開催するなど演奏会企画・出演も数多い。2011年には国際ロータリークラブよりGSE文化交流員に選ばれ、ドイツにて「東日本大震災チャリティーコンサート」を開催。(有)宮崎ピアノ技術センターにて後進の指導にあたりつつ、ソロ以外にもアンサンブルピアニストとして県内外で精力的に活動。近年はバロック音楽の普及にも努めている。
(有)宮崎ピアノ技術センター 宮崎市船塚2丁目162 0985-25-9788

ダイナミックな力強さと、華麗な音色を奏でるピアニスト、稲森愛さん。幼いころから数々の賞を受賞し、大学卒業後は海外に学びにいくなど研鑽を積んできた。現在はピアニストの活動をしながら、県内で子どもたちの指導にもあたっている。
ピアノ店を経営する家庭に生まれ、お店に次々に来るさまざまな外国産のピアノを見ていた。ピアノと言っても、それぞれに違う音色を奏でる。そんないろいろな音色に包まれながら育ってきた。記憶にはないが、3歳のころ自らピアノの道を選び、学び始めた。「父が『舞踊とピアノどちらを習いたい』と聞いたとき、『ピアノ』と答えたらしいです」。習い始めて以来、ピアノと共に人生を歩んできた。「練習が嫌な時期は何度かありましたが、本気でピアノを辞めたいと思ったこ

1311ch_sc_ontime_subとは一度もないですね。音楽を通して関わったすべての方々の声に支えられてやってきました」。2011年には国際ロータリークラブよりGSE文化交流員に選ばれ、ドイツで東日本大震災チャリティーコンサートを行なった。「音楽は国境も言葉も超えると改めて思いました。音楽をしているのに何も役に立てない自分を不甲斐なく感じていたので、少しでもお役に立てたことは励みになりました」。
2006年からはパイプオルガンの分野でも研鑽を積み、パイプオルガンのコンサートなどにも出演している。今年4月には自らもパイプオルガンを購入。学びたい人たちが練習したい時に使えるよう環境を整えた。「自分が教わってきたことを、今度は私が宮崎で頑張っている人たちへ伝えていきたいし、そんな環境を作っていきたいと思っています。それが県内の文化の底上げや広がりにつながり、宮崎の音楽文化を盛り上げていけたらいいなと思っています」。
プライベートでは少林寺流空手道錬心舘に励んでいる。手を気遣って特別に「型」のみ練習しているという空手。今では黒帯
の持ち主に。「メンタルが強くなったり、体力維持になったりと、ピアノをする上でも役立っています」。空手で汗を流した後に、仲間たちと飲む一杯は格別。「みんなで飲む時は焼酎ですね。水割りにして、みんなでワイワイ過ごす時間を楽しんでいます」。
ピアノは世界の歴史や文化を理解してこそ深みのある音を奏でることができる。稲森さんは後進の指導の時、絵画や歴史に積極的に触れることを勧めている。今後は宮崎の音楽文化がより深く広くなるために、ピアノの歴史や文化の情報発信にも努めていきたいと考えている。
syochuclub_title_offtime05141311ch_sc_oftime_main和風にアレンジした季節の料理
好みに合わせて作ってくれる酒
モダンで上質な和風Bar

月明かりの下で酒を酌み交わす。そんな心持ちになるような上質な和の空間が広がる和風Bar輝夜。「宮崎にない店づくりを」との思いがこもった店のスタイルは、個性とコストパフォーマンスが散りばめられている。店内はカウンター席、テーブル席、個室が揃っている。個室も座敷とテーブル席があり、それぞれに趣が違う個性のある部屋が並んでいる。BGMには三味線や琴などの邦楽が流れ、呼び鈴も太鼓や拍子、鈴と部屋によって異なるなど、遊び心が酒の席を楽しませてくれる。
稲森さんはコンサートの打ち上げや友人との飲み会、時には一人で飲みたいときに、よく訪れる。「女性一人でもカウンターで楽しめるんです。お店の雰囲気がいいし、スタッフの対応も気持ちがいい」。決まって注文するものはなく、毎回違う料理を楽しんでいる。その中でも、店自慢の「輝夜特製出汁巻き卵」はよく食べる一品。「出汁の味がきいていてフワフワです」。料理は季節の食材を和風にアレンジしてあり、月ごとに変わる。酒は季節の味と好みに合わせてその人だけの一杯を作ってくれる。それぞれが自分のためだけの一杯を楽しめる、モダンで落ち着きのある和空間だ。

1311ch_sc_oftime_sub1▲和風味でいただく「豆腐とトマトのカプレーゼ」(450円)、脂味が美味しい「合鴨のペッパーロースト」(920円)、「煎り銀杏」(400円)、当店自慢のフワフワで宮崎の人が好きな甘めの卵焼き「輝夜特製出汁巻き卵」(710円)。

1311ch_sc_oftime_sub2Bar輝夜 -KAGUYA-
住所 宮崎市橘通西3-8-7オアシスビル2F
電話番号 0985-27-6103
営業時間 19:00~翌2:30(LO翌2:00)
定休日 なし
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  2. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  3. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  4. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  5. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  6. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  7. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  8. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  9. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  10. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…

インタビュー記事

  1. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…
  2. 絢香30 y/o
    私は堂々と30歳であることを、自分が選択してきたことを誇らしく生きたい 絢香約3年半ぶりとなるオリ…
  3. デビュー25周年記念公演全国ツアーが大盛況! たくさんのファンからの熱いラブコールにより、アンコー…

宮崎☆働く美人

  1. ひなた宮崎経済新聞

    2018-11-25

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.113 田代 くるみさん

    宮崎を盛り上げたいと 編集・PR・ライティング会社を起業 東京と宮崎を拠点に活躍 Mont…
  2. 2018-10-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.112 平川 美由紀さん

    “子どもへ「お帰り」を言いたい” 在宅のプログラミング講師で 自分自身も輝きながら家庭を守る…
  3. 2018-9-12

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.111 チャキーラ(石川 千晶)さん

    才能と努力を併せ持ち 幼いころからの夢をつかんだ プロフィットネスアーティスト Month…
ページ上部へ戻る