【KIRISIMA】Shochu Club Vol.51 黒田 志穂

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141309ch_sc_ontime_mainイラスト、広告、雑誌…
情報をカタチにする
デザイナー兼イラストレーター

Monthly Guest vol.51
黒田 志穂
デザイナー・イラストレーター

Profile
美郷町出身。佐土原高校卒業。県内の印刷会社でキャリアを積み、2011年にCook+ie DESIGN WORKを設立。「Cook(調理する=創る)」+「ie(すなわち)」=お客様のためにをモットーに、イラスト・広告、エディトリアル、パッケージなどの企画、デザインを手掛ける。宮崎マルチメディア専門学校の講師も務める。毎日新聞・東京デザイナー学院主催『やさしさ』で準主席を、霧島酒造株式会社主催第12回ニシタチフラッグデザインコンペティションで霧島特別賞を受賞。日本イラストレーター協会会員。
http://cookie-dw.com/

伝えたい情報を目に見えるカタチにデザインする。デザイナーでありイラストレーターでもある黒田志穂さんの仕事だ。広告や雑誌などのデザイン、イラストの作成などをしている。例えば、広告だとクライアントが宣伝したいもの、知らせたいことを、画像と言葉で端的に表現する。雑誌などでは読者の注意を誘導し、読んでもらえる、伝わる紙面をデザインする。幅広い知識と技術、感性が要求される仕事だ。
何を描き、どう見せるのがベストか。黒田さんはクライアントと打ち合わせをしていると、イメージが膨らみ、自然とデザインやレイアウトが生まれてくるという。苦になることはなく、楽しんで仕事をしている。「あらゆる業種を覗くことができる欲ばりな仕事だなって思うんです。自分の知らなかったことを知れるし。どう見せると効果的かを考えカタチにする。それをクライアントが喜んでくれたときは嬉しいです。反響があったと聞くとガッツポーズですね」。
幼いころから絵を描くのが好きで佐土原高校の産業デザイン科に進学。卒業後は県内の印刷会社でデザイナーのキャリアを積み、独立した。しかし、自分がどれくらいの仕事ができているのか分からず、怖くなる時期があった。「何か新しいことをやっていないと」、という危機感に襲われることも経験した。とにかく新聞を読み、あらゆる雑誌を見て研究し、知識をインプットすることを徹底してきた。今では、インプットの知識とオリジナルの感性、技術がリンクし合い、スムーズにデザインが生まれてくる。大切にしているのは、自分を全面に出しすぎないこと。「一般の人に分かりやすく情報を伝えたいので、自分のカラーを前に出す

1309ch_sc_ontime_subのではなく、クライアントの好みや一般の人が受け入れやすいように作ることを一番に考えています」。
県内だけでなく関東方面からも雑誌などの依頼がくる。ハードなスケジュールのなか、納得のいく作品づくりに日夜奮闘しているが、抱えていた仕事を終えたときに飲むお酒は格別だ。「お酒の中でも焼酎が一番好きです。いつもウーロン茶で割って飲んでいます。仕事が早く終わったときや、たまに休みの日は昼間から飲みたくなって特別な時間を楽しむこともあります」。
今後の目標はさらに仕事の幅を広げること。「出身地の美郷町に関わる仕事がしたいです。自分の持てる力を生まれた場所に役立てられたら最高にうれしいですね」。一つの仕事の成功の先に、次の仕事が広がっていく。どんな仕事が来ても満足してもらえる作品を提案できるように、今も知識のインプットに余念はない。
syochuclub_title_offtime05141309ch_sc_oftime_main約半世紀に渡り
郷土の味を守り続ける
レタス巻きの元祖

「宮崎を代表する郷土の味」として知られるレタス巻きの元祖「一平」。黒田志穂さんはこちらのメニュー表のデザインを手掛けている。
「おいしい野菜が食べられて、ヘルシーなお寿司を作ろう」と初代店主・村岡正二氏と親交の深い作曲家・平尾昌晃氏の会話をきっかけに誕生した「レタス巻き」。当時の町並みや二人の写真を交えながら、メニュー表をデザインしている。「創業当時から使われているイラストを模様として全面に使い、笑顔や当時の町並みをモノクロで配置して、老舗の歴史と親しみやすさ、そして現在の新しい感覚を表現しました」。
黒田さんのお気に入りの料理は、やはり「レタス巻き」。大ぶりのエビとレタスに、職人が毎朝手作りする自家製マヨネーズソースを厳選した海苔で巻いた一品。「エビの香りが食欲をそそるし、1個の大きさがうれしくもあります。どのお料理も盛り付け方が決まっている丁寧さも好きです」。来店客のほとんどが注文する「かに汁」も人気の一品だ。
約半世紀に渡り、郷土の味を守り続ける「一平」。本場の味を食べたい時、来県者がある時にぜひ訪れたい宮崎を代表するお店だ。

1309ch_sc_oftime_sub1▲名物の元祖「レタス巻き」(1050円)、天然のワタリガニがまるごと1杯分入った「かに汁」(550円)、刺身盛り合わせ(1200円)、天ぷら盛り合わせ(1200円)

1309ch_sc_oftime_sub2元祖レタス巻 一平
住所 宮崎市松山1-8-8
電話番号 0985-25-2215
営業時間 11:00~15:00(LO14:35)
17:00~22:00(LO21:30)
定休日 火曜日
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  2. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  3. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  10. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-2-19

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.116 井手 真弓さん

    企業と働く人に寄り添い 働く喜びを感じる 職場づくりに貢献したい Monthly Gu…
  2. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  3. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
ページ上部へ戻る