【KIRISIMA】Shoch Club Vol.18 酒生 明子

shochuclub120110812-1313116173撮りたいのは、そこにある空気感
溢れ出る思いを切り取りたい
Monthly Guest vol.18
酒生 明子さん フォトグラファー
フォトグラファーには、商業系と報道・芸術系の系統がある。宮崎市の写真事務所に所属する酒生明子さんは、タイムリーで臨場感溢れる報道・芸術系を得意とするフォトグラファーだ。いつも笑顔の穏やかなイメージだが、カメラを手にすると雰囲気がガラリと変わる。小柄な体が持てあましそうな大きなカメラを軽々と扱い、一時もじっとしていない。シャッターチャンスを見逃さない集中力で写真を撮り続けていく。東京でブライダルスナップを担当していた頃は、その腕を買われて、8年間で600件ものブライダル撮影をこなしたという。
酒生さんの写真との出合いは水中写真。趣味のダイビングをやるうちに写真も撮りたくなって撮影機材を揃えていったのが始まり。やがてブライダル撮影の写真事務所の立ち上げに誘われ、27歳にしてプロの道へ。
「年齢的に遅いスタートですが、その分人生経験を積んで、いい写真が撮れると師匠に言ってもらいました。それからは日々勉強会のようなもの。そこで“嬉しいレパートリー”をたくさん得ることができたんです」。それは、わくわくするほど嬉しい写真で、きれいだったり、いい笑顔だったり、最高のタイミングだったり。
自分が思い描くイメージを当てはめながら、人と人との空気感を切り取るドキュメンタリーが岸田さんが目指す写真。「その場にいる人たちの思いを感じながら追いかけていく感じですね。思いが響いてくる時はじっとしていられない」と言う。
現場を離れると結構な人見知りで、お酒は気心知れた友人とゆっくり飲みたい派。「命あるものと向き合っていきたい」という酒生さん。そんなオフタイムも次の緊張感へつながる大切な時間なのだろう。

20110812-1313116178Profile
東京都出身。OL生活を経て、趣味のダイビングから水中写真を始める。東京の写真事務所でブライダルスナップ、イベントスナップ等担当。個展・1997年水中写真展「Off」、2000年モノクロ水中写真展「ポナペ島」。現在、宮崎市の酒生哲雄写真事務所に所属。
●酒生哲雄写真事務所
宮崎市高洲町244-1 リエゾン501
TEL&FAX:0985-23-7305
shochuclub2

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  2. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  3. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  4. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  5. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  9. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る