【KIRISIMA】Shochu Club Vol.36 興梠 亜紀子

shochuclub120120621-1340244499創業100年、のれんを守る
四代目女将の心意気。
Monthly Guest vol.36
興梠 亜紀子さん
大盛うどん四代目女将
飲食業界の競争が激しい大競争時代。そんな中でも利潤を求めてセルフ式にするのでもなく、支店を出すこともせず、1店舗のみで100年たっても変わらない味と接客を守り、多くの人に愛されている店。その店を夫の秀広さんとスタッフと切り盛りする興梠亜紀子さん。宮崎市江平の商店街にある「大盛うどん」の四代目女将だ。
毎朝5時過ぎに起床し、子どもたちのお弁当を準備した後は、店の仕込みに入る。営業時間はスタッフの動きとお客様が見通せる場所に立つ。来店客が気持ちよく過ごすことができるように目と心を配るためだ。「味はもちろん、サービスの面でも気は抜けません。来て下さった方の信用を裏切らないように心掛けています」。
大盛うどんは大正2年から続く老舗。来年で創業100年を迎える。独特のやわらかめの麺と、濃い色をした甘めのつゆが特徴で、この味を好み、やってくる人は数知れず。3世代、4世代家族で通い続けている人も少なくない。
歴史あるのれんをとぎらすことなく、どう生き残っていくか。変えてはいけないものと変えなくてはいけないものを、夫と考えながらやっている。メニューを増やし、毎月第3木曜日はうどん・そば100円引きの日を設けるなど四代目として新しい挑戦をしている。のれんを守ることはプレッシャーでもあるが、「大盛うどんの印象を壊さず、1ミリずつでもよくすることを考えています」と持ち前の明るさで奮闘している。一方で、江平商店街の活性化にも力を注いでいる。「商店街があっての当店なんです。商店街を守ることは大切」。
翌日が休みの日は時々、自宅で「スナックあっこ」を開店する。そんなときは、おつまみと霧島を水割り、ロックなど好みに応じて作り、商店街のスタッフなどをもてなす。モットーは「なんといっても女性は素敵でいなきゃ」だ。女磨き、母親磨き、女将磨き、店磨き…、多忙ながらも自己研鑽と店繁盛への努力に余念はない。

20120621-1340244514Profile
宮崎市出身。宮崎大宮高校家政科を卒業後、東京の短大に進学。卒業後は洋服関係の会社へ就職し、ステージ衣装などの製作に10年携わっていた。1996年に大盛うどんの後継ぎを考え帰郷。結婚、出産、育児をしながら店を手伝い、約10年前に夫の秀広さんと「大盛うどん」四代目となる。現在はフェイスブックやツイッターで店の情報を発信するなど、古きを守りつつも新しきものも取り入れながら、来年創業100年を迎える老舗ののれんを守っている。宮崎市江平の商店街活性にも尽力。2児の母。
shochuclub2

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  2. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  3. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  4. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  8. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  9. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  10. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る