【KIRISIMA】Shochu Club Vol.123 大角 恭代さん

  • 2019/9/10
  • 【KIRISIMA】Shochu Club Vol.123 大角 恭代さん はコメントを受け付けていません。


野菜の旬のおいしさを伝えたい
自らも畑に立ち、執筆、講師、商品開発と
多彩に活躍する野菜ソムリエ

Monthly Guest vol.123
大角 恭代

づのファーム主宰 日本野菜ソムリエ協会認定 野菜ソムリエPro フードビジネスコーディネーター

Profile
小林市出身。横浜国立大学卒業後、株式会社ファーストリテイリング入社。6年間店長代理・店長を務めた後、地元・小林市へUターン。野菜の魅力、旬の情報を発信するため執筆活動、ワークショップや講師、商品企画・開発や勉強会を開催するなど幅広く活動中。農家民宿では畑体験も受け入れている。

「野菜が好き」を起点に、フリーランスで野菜の魅力を幅広く伝える活動をしている大角恭代さん。その活動は執筆活動から講演会の講師、ドライフルーツの製造販売、農家民宿の女将など多岐に渡る。

小林出身で大学進学のため上京。卒業後は株式会社ファーストリテイリングに入社し、店長を務めたキャリアを持っている。「当時は、24時間365日、寝ても覚めても店舗運営のことばかり考えていました。従業員をどう動かしていけばいいか、目標を達成するためにはどうすればいいかとか…。企画をプロデュースし、それを実現するためのイロハをすべてここで学ぶことができました」。

その一方で、仕事をしながら野菜ソムリエの資格を取得。というのは、祖父母が農家をしていたため幼少期から畑作業を手伝い、採れたて野菜の美味しさを知っていたから。野菜に携われる何かをしたいという思いがずっと頭にあり、その思いを形にしたいと、6年間のキャリアを経た仕事を辞め、地元に戻ることを決意した。

Uターン当初は、趣味の感覚で県内の農家を訪ねて回ったり、有機農法の勉強会に足を運んだりと学びを深めてきた。知れば知るほど、野菜の旬のおいしさを伝えていきたいという思いが膨らみ、執筆活動や講演など活動の場が広がった。宮崎の食の魅力を伝えるWebメディア「in SEASON」のライターを務め、農家の想いや農作物のことを発信。また、果物の旬の美味しさを閉じ込めたドライフルーツの製造も手掛けている。「最も美味しい旬の果物で作るドライフルーツは、香りも味も色も格別。無添加なので、安心して食べていただけます」と自信作を生み出している。ほかにも、小学校や公民館講座などで野菜の美味しさや味わい方、保存方法などを伝える講師も行い、畑で野菜も育てている。

休みの日は全くないが、それも苦になることはない。「徹夜で原稿を書いた朝も、寝るよりも畑に出る方がすっきりするのです。無心になって種まきしている時間が大好きですね」。もう1つリラックスできる時間は焼酎タイム。「プラムや梅、ビワなどを白霧島で漬けているのです。これを炭酸で割って飲むと雑味がなく、すっきりとした美味しさです。来客には焼酎の飲み比べを出しています。白霧島、黒霧島、茜霧島を並べると皆さんとても喜ばれます。県外の方は次の日に茜霧島を購入されて帰る方が多いです」。

これまでの経験から得た核心は「好きなことは伸びる、好きなことは頑張れる」ということ。「農家民宿を通した収穫体験をもっと広めたり、いろいろな方とコラボをしたワークショップを行い、旬のおいしさを伝えていきたいです。食と観光も、もっともっとつなげていきたいです」。大好きな野菜のことを伝えるために、これからもさらに活動の場を広げていきたいと考えている。


地元の食材を使った
個性的な料理が味わえる
わが家のような心温まる居酒屋

今月のゲスト大角恭代さんがお薦めするのは小林市にある「笑来(しょうらい)」。「以前、農家の取材中、お店の方が食材を買いに来られていて…。わざわざ農家さんのところに足を運んで仕入れをされているお店なのだと、一目を置いていたのです。その後、来店した時に食べた『焼きチーズ』がとても美味しかったです」と紹介する。

笑来(しょうらい)は「すべてはお客様の笑顔と幸せのために」の想いを屋号に込めた居酒屋。できるだけ地元の食材を使い、肉・魚・野菜の創作料理が揃っている。大角さんが気に入ったという「焼きチーズ」は小林市でイタリアンチーズを生産している「ダイワファーム」のカチョカバロチーズを使用。これは第8回ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞したチーズだ。

そのチーズを、運ばれてくる熱々の石鍋で焼き、照り焼きソース、ワサビ醤油、オリーブオイルの3種のソースで味わう一品。そのほか、自家製ソースで味わう「宮崎和牛 コロコロステーキ」や数量限定の「大漁盛り」なども人気。一つ一つの席にはおかみさんが手書きしたひと言がランチョンマットになって置かれている。スタッフのおもてなしも行き届いた、ホッと笑顔になれるお店だ。

▲「大漁船盛り」980円(税込)、「宮崎和牛 コロコロステーキ」1480円(税込)、「焼きチーズ」750円(税込)

わがや食堂 笑来(しょうらい)

  • 住所 小林市細野125-5
  • 電話番号 0984-22-8472
  • 営業時間 17:30~24:00(LO23:30)
  • 定休日 日曜日(翌日が祝日の場合は営業し、翌日休み)

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  3. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  7. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  8. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  9. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  10. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
  2. 2020-6-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.132 小野 麗子さん

    絵画のように描く画風で 全国的に活躍する 押し花作家 Monthly Guest vo…
  3. 2020-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.131 指宿 陽子さん

    優れた色彩感覚を活かし 人とカラーの関係性を伝える 多才なカラリスト Monthly …
ページ上部へ戻る