【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~Every Little Thing~

20111020-1319108469デビュー15周年を迎えたEvery Little Thingの
スペシャル・アニバーサリー・ツアー開催決定!!

時に優しく、時に心強く、時に切なく…。様々な場面で歌で力を与えてくれる、そんなELTの楽曲たち。デビューから15周年を迎え、輝き続けるEvery Little Thing待望の全国ツアーが決定。宮崎公演を前に、お二人から話をうかがった。

●デビュー15周年おめでとうございます!!
15周年を迎えての今の気持ちを教えて下さい。
「ありがとうございます。あまり意識はしてないのですが、多くの人達の支えがあることを改めて実感し、感謝しています」(伊藤さん)
「ありがたいです。18歳の頃にEvery Little Thingとしてデビューさせてもらい、15年続けられることは想像できなかったことだと思います。それほどにこの歳月は沢山のことを教えてくれました。まだまだ道の途中ではありますが、沢山の人たちとひとつとなり、同じところへ向かって、また努力しあって、毎日をゆきたいです」(持田さん)

●9月21日リリースの10 th Album『ORDINARY』。
こちらのアルバムについての思いや、聞きどころを教えてください。
「東日本大震災後の制作だったので、そのメンタリティも含めてといったところです。タイトなスケジュールの中でのレコーディングでしたが、1曲1曲満足のいったギターが弾けました」(伊藤さん)
「今年は本当に日本という国にとって、忘れられない大きな災害があり、自然のひとつでもある私達が、自然からもう一度改めることを考えさせられた年となりました。月日が経ってもまだ変わらない現状もありますが、このアルバムをつくることができたことの意味を、私達自身、深く感じたいと思っています」(持田さん)

●アルバムに収録された曲、どれも大切なものだと思いますが、中でも印象に残ったもの等あれば教えて下さい。
「『ありがとうはそのためにある』という楽曲は、今のまま、そのままを真っすぐに歌うことができたものです。この曲を大切な人達の前で歌えることに感謝しています」(持田さん)
「『wonder love』です。ELTとしては、めずらしいブラック系のハネたリズムの曲です」(伊藤さん)

●『ORDINARY』にも収録、8月24日リリースのニューシングル『アイガアル』について。カタカナでのタイトルが印象深いのですが、そのタイトルに込められた思いは?
「色々と案はあったのですが“愛がある”という意と、ドラマの全開ガールの女の人を応援するような(自分も含めて)ものにしたかったので、ガアルと書きますが、アイガールと呼ばせていただきました。アルバムに入る予定ではなかったので、ドラマのお話をいただき、急いでつくった楽曲が、こんなにも沢山の方々に喜んでもらえて、非常に嬉しく思っています。私達の楽曲の中でも、久々にポップな仕上がりになりました」(持田さん)

●失恋した時や、落ち込んだとき、ELTの曲に励まされた、救われた…、という方は本当にたくさんいると思うのですが、そう言われることに対しての思いは?
「私自身もそうやって自分の身に何かが起こり、乗り越えてゆかねばならない時、力をいただいた曲が沢山あります。奇跡的にも人の力になれることとは、思っている以上に自分に沢山の力を与えてくれることとなることを、知ることができました」(持田さん)
「自分達の音楽が、少しでも役に立っていることを実感できる、大切な場面です」(伊藤さん)

●間もなくスタートする全国ツアー『Every Little Thing 15 th Anniversary Concert Tour 2011~2012“ORDINARY”』。15周年の節目の年でもあり、今から宮崎公演が楽しみな限りです。そんなツアーの見どころを教えて下さい。
「ライヴは、自分達がパワーを出す場なのですが、いつもお客さんからもパワーをもらっています。静かなバラードの曲でも、アツい想いで演奏します」(伊藤さん)
「ツアーというもので、会場でようやくお逢いできるのです。
作品たちは、そこでまた表情を変え、色を変えて、変化し進化し、成長してゆけることが何より嬉しいですし、そこでまた私も新しい自分への課題や、考えさせられることがあるので、幸せなことです。ものすごくいいものになると思います。胸をはって!!」(持田さん)

●宮崎の思い出、ファンの印象などを教えて下さい。
「晴れの宮崎の気候がとても好きです。リフレッシュできますね」(伊藤さん)
「私は冷や汁が大好きなのでございます。宮崎には友人もいますし、みんな街の人も、タクシーの運転手さんもとてもやさしいです。ライヴ、楽しみです」(持田さん)

●15年という年月を、一緒に活動されてきたお二人。毎回、ステージでの独特な間のお二人のトークも楽しみだったりするのですが、持田さんにとっての伊藤さん、伊藤さんにとっての持田さんの存在とは?
「伊藤さんは根っからのいい人。いい人とは、ご本人さんは嬉しいかどうかわからないですが、“実は僕はせっかち”というので、もしそれが本当ならば、ものすごく努力をして、平常心を保っているのだなーと尊敬します。穏やかであることは、とてもすばらしいです」(持田さん)
「いつもハラハラさせられます。ライヴ(生)ですからね」(伊藤さん)

●15周年を迎え、新たにチャレンジしたいことなどあれば教えて下さい。
「大げさなことは考えてないのですが、より充実した音楽生活をしていきたいと思います」(伊藤さん)
「ELTでもソロでもどちらでもいいのですが、同じアジアということで、日本を離れて歌うこともしてみたいです。あとは語学=英語と韓国語を学びたいです」(持田さん)

●本誌『Charge』には、活力充電という意味が込められているのですが、お二人にとっての活力源は?活力充電充電法やマイブーム等あれば、教えて下さい。
「よく食べ、よく寝、は基本中の基本でありますが、こういうお仕事をしていると、そういった普通のことが疲れからできなくて、バランスを崩し、悪循環になることが多いのです。でも私は、仲良しのスタイリストの岡本さんから、トータルアドバイザーというお仕事をされている天蓮先生に出逢い、自然治癒力を高める施術を週一でしてもらうことで、心身ともにとても健康になりました。個人で努力する水泳や運動も強化して、毎日を楽しく元気にいられることが本当に嬉しいです」(持田さん)
「どんなに忙しくても、ブレイクをとること。ボーっとしている時に良いアイデアを思いつくこともありますよ」(伊藤さん)

●最後に宮崎で今回のツアーを楽しみに待つファンの皆さんにメッセージをお願いします。
「ぜひっ、んもう、ぜひにっっ、あそびに来てほしいです。いっぱい笑って、いっぱい歌って、これでもかっていうくらいに楽しい時間にしようと思っています。がんばりますっ!!」(持田さん)
「みなさんにお会いするのを、とても楽しみにしています。一緒に楽しみましょう」(伊藤さん)

20090513-1242181973
20111020-1319108474NOW ON SALE !!
10th Album
「ORDINARY」

【15th Anniversary Special Edition 】
AVZD-38367/B ¥8,190(税込)
【CD+DVD】AVCD-38368 ¥3,990(税込)
【CD】AVCD-38369 ¥3,150(税込)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  3. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  4. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  5. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  6. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  9. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  10. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  2. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
  3. ひなた宮崎経済新聞

    2018-11-25

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.113 田代 くるみさん

    宮崎を盛り上げたいと 編集・PR・ライティング会社を起業 東京と宮崎を拠点に活躍 Mont…
ページ上部へ戻る