【Charge】Artist interview ~ SOL ZICK ~

20110817-1313563086身体の奥から沸き上がる、魂のヴォイス。
大注目の“ビートアカペラユニット”

圧倒的なヴォーカルと、ライブパフォーマンスが人気を集めている“ビートアカペラユニット”SOLZICK。7月18日、宮交シティで行なわれたインストアライブでも、そのパワフルかつ存在感あるライブで観客を魅了。4月からスタートした、300枚限定6ヶ月連続リリースも好評の彼らに話を伺った。

20110817-1313563090●宮崎に来られたのは初めてですか?印象を聞かせてください。
Jo:メンバー全員初です!宮交シティのイベントでは、お客さんがステージ前だけじゃなくて2階、3階からも見て下さってる人もたくさんいて、すごく嬉しかったですね。
Marony:2階、3階にいたお客さんが、わざわざ1階まで降りてライブを見てくださったり…宮崎の人ってあったかいな~と思いましたね。

●アカペラのイメージを覆す、かっこよくてパワフルなライブが人気の皆さんですが、パフォーマンスへのこだわりは?
Takashi:フリをつけてない曲であっても、とにかく自由に!どんどん動こう!とはいつも思ってます。

●4月から始まった6ヶ月シングル連続リリース企画ですが、始めたきっかけは?
Takashi:去年、デビューアルバムのキャンペーンで全国を回った時に、次はもっと新しいことをやって僕たちのことをもっと知ってもらおうと思ったんです。
Yoshihiro:これまではプロデューサーの方など、たくさんの人に助けていただいて曲を作ってきたんですが、今回は自分たちがステップアップするための修業という意味で、すべて6人だけの力でというコンセプトで作っています。
Jo:7月リリースの『Love song』は、好きな想いをなかなか相手に伝えられない、そんな切ない思いを込めて作った曲です。8月リリースの『Funky baby』は、夏らしく盛り上がろう!という気持ちで作りました。

●皆さんの活力充電法を教えてください。
Jin:サッカーですね。観戦はもちろん、ミュージシャン仲間と一緒にプレイすることもありますよ。
Marony:ジャンル問わず演劇やミュージカル、歌舞伎など劇場に見に行くことです。普段は味わえない非現実な世界を感じることで、インスピレーションが湧きます。
Yoshihiro:月の満ち欠けや星の動きを見たり、宇宙飛行士の人の話を聞くことですね。
Takashi:僕はお酒ですね。部屋を間接照明にして60年代のジャズを聴きながらお酒を飲むと、1日の疲れもリセットされて明日もがんばろう!って気持ちになりますね。
Yas:バラエティ番組やドラマを見て、思い切り泣いたり笑ったりすると、スッキリするしチャージできますね。
Jo:曲を作っていて、できあがった瞬間の達成感は気持ちいいし、充電できますね。

20110817-1313563095●本誌は「頑張る女性をサポート」をテーマに制作しています。皆さんにとって素敵だな、輝いているなと思える女性ってどんな人ですか?
Jo:がんばってるんだけど、その姿をあまり見せない人です。
Yas:年齢に関係なく、いつもキレイでいようと努力している人ですね。
Takashi:料理が上手な人かな。ダシから取ったおみそ汁なんて作ってくれたら、好きになっちゃいます(笑)
Yoshihiro:ギャップのある人ですね。普段はツンとした印象だけど、話してみると優しいとか、雰囲気が違うとドキドキします。
Marony:仕事に貪欲で向上心のある女性はかっこいいし、素敵だと思いますね。
Jin:まっすぐに好きなことを一生懸命やってる女性は、笑顔や何気ない表情も素敵だし、輝いているなぁと思います。

●これからの目標を教えてください。
Yas:他にはない、新しい表現ができるアカペラグループを確立出来たらと思います。

●Charge読者、宮崎のファンにメッセージをお願いします。
Jo:また宮崎に歌いに行きたいと思いますので、その際はライブで一緒に盛り上がりましょう!

20090513-1242181973
20110817-13135631006ヶ月連続リリース! 第5弾
『Funky baby』

500円(1曲収録)限定300枚
NOW ON SALE!

J-RAPの明快なリズムと畳み掛ける迫力のボイスパフォーマンス。マイクリレーによるリードボーカル、コーラスワークはSOLZICKの新たなスタイルの提示だ。 ライブでも盛り上がるキラーチューン。

SOLZICK OFFICIAL WEB
http://solzick.syncl.jp/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  6. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  10. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る