【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~Aqua Timez~

ニューアルバム『エルフの涙』を引っ提げ、宮崎公演決定!!

1408ch_AquaTimez_Artist_photo

Q. これまでに全国ツアーなどで何度も宮崎に来ていますが、宮崎の印象は?

OKP-STA 僕は福島出身なんですけど、宮崎は住みやすそうで、幸せ感がありますよね。街全体がね。僕は地鶏炭火焼が大好きなんでいつも宮崎に行くのを楽しみにしています。

TASSHI 僕は高知出身なんですけど、宮崎は非常に高知と似ていて、空港に着くとヤシの木があるのが高地空港も同じで。南国ののどかな雰囲気があって、第二の故郷みたいな感じで親近感を持っていますね。

太志 岐阜出身なんですけど、宮崎はたくさん名産品がありますよね。宮崎牛が日本一なんですよね、なので、宮崎に行けるのを毎回楽しみにしています。

大介 僕も福島出身なんですけど、福島と宮崎の決定的な違いは、夜8時以降は僕の実家のほうは真っ暗なんです。寒い地域はそういう傾向にあるのかもしれないですけど。宮崎は夜中3時に街を歩いてもすごいんですよね。街明かりはピカってなっているし、飲み歩いている人も多いから最初カルチャーショックでしたね。でも僕もお酒好きなんで、陽気というか、オープンマインドな感じが好きですね。

mayuko 私は富山出身なんですけど、宮崎にはライブで何回も来てて、ライブに来てくれるお客さんも明るいというか、ノリが明るい感じがして、ハッピーな気持ちになります。毎回楽屋で冷汁を作っていただいてて、それで冷汁が大好きになりました(笑)

Q. 8月27日にニューアルバム「エルフの涙」がリリースされます。どんな仕上がりになっていますか?

太志 1冊の絵本のようなアルバムになりました。1つ1つ物語があります。連続していく物語というか、登場人物は違いますが、出てくる主人公は誰もが持っている悩みだったり、日々暮らしていくなかでの消化しきれないものだったりを持ってて。大人になると、大人でいなくてはいけないので、子どものようなこと言ったり、泣いてはいけないとか、感情をあまり出してはいけないとか、常識とか年齢とかいろいろな鎖で自分を絞め付けてしまうんですけど、音楽は感情をどれだけ表現できるかだから、すごくみっともない感情も、気持ちも言葉にして、聴いてくれる人が自由になれる瞬間をたくさん感じれるアルバムを作りたいなって思ってました。それで出来上がったのが「エルフの涙」です。これまでの中の最高傑作を作ることができました。

Q. どういうところを聞いて欲しいですか

太志 今回は、結構迷うよね。

mayuko 雰囲気が全部バラバラな13曲なので、流れで聞いてもいろんな景色がみえますね。

Q. イチオシのナンバーは?

太志 みんな違うと思います。

mayuko 日によって違うと思います(笑)その日の気分でね。

OKP-STAR 僕は1曲目の「アダムの覚悟」ですね。これはツアーとかライブをイメージして作り上げたので、いまの自分は「早くツアー行きたいな」って思っているので。

TASSHI 悩むんですけど、今日の気分は「イブの結論」です。この曲はメロディーもすごくきれいで、流れもよくて、サウンドはラテンチックな明るいサウンドです。

太志 僕は「ゴールドメダル」ですね。時間をかけずに、アルバムの中で最短で出来た曲です。バンドらしい、気持ちのいいナンバーになっています。

大介 6曲目の「赤い屋根の見える丘へ」ですね。ハッピーチューンというか明るい雰囲気のやさいい雰囲気のナンバーです。今の気分の一押しですね。

mayuko私は表題曲の「エルフの涙」ですね。アルバムの中で1番時間のかかった曲で、すごく展開や構成を練るのにすごく時間がかかって、自分たちの力を出し切った感がありますね。ドラマチックな1曲に仕上がっています。

Q. 今回のツアー。どんなツアーに?

太志 来てくれた人が「もう1回来たい」と思えるかどうかなんで、1回切りではない出会いにしたいです。そういうツアーにしたいと思います。

Q. 宮崎の読書へメッセージを!

OKP-STAR 今回のアルバムはすごく自信作で、今までの中で1番といえるものが出来たので、まず、どういう形でもいいので、アルバムを聞いて欲しいです。ちょっとでもいいなって思ってもらえたら、ぜひライブにも来て欲しいです。

TASSHI 今回のアルバムは本当に自信作で、音楽の楽しさだったり、素晴らしさだったりというのを詰め込むことができた1枚です。それを引っさげてのツアーなので、音楽で会場が1つになるライブにしたいと思うので、ぜひライブに来ていただきたいと思います。
太志 前回のツアーで僕は風邪をひいてしまって心残りだったので、今回は前回の分も含め200%のライブをしたいと思います。

大介 いつも宮崎でのライブはテンションが最初から陽気なので、僕たちも宮崎でやるのは楽しいなって思っています。今回もしっかりアルバムができたので、それを聞いてもらって、のっけからいい雰囲気でライブが楽しめたらと思います。

mayuko 私たちは来年でデビュー10周年を迎えるので、ちょうど10年目の出だしがこの「エルフの涙」であり、ツアーなので、バンド的にもさらに結束強く、音楽が出来ると思うので、宮崎でのライブはみなさんと一緒に最高の1日にしたいと思います。


Aqua Timez Shoes and Stargazing Tour 2014
11/23(日)都城市総合文化ホール 開場17:30 開演18:00


Aqua Timez New Album 「エルフの涙」
2014年8月27日(水)発売

shokai初回生産限定盤
CD+DVD ESCL-4265~6 3,900円(税込)
tujyo通常盤
CD ESCL-4267 3,200円(税込)
tramteam AQUA限定盤
CD+DVD ESC8-3~4 3,900円(税込)

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  2. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  3. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  4. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  5. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  6. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  7. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  8. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  9. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  10. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る