【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~GILLE~

他の誰でもないただ一つの君… GILLEから届けられる 全ての“君”へのメッセージ。

140717_GILLE_TREASURES_2
メジャーデビューして2年になるGILLEが、「今の自分の100%の力で作りました」と話す渾身のオリジナルアルバム。GILLEにとって大切な『宝物』を、1曲ずつテーマに添って歌っている。同じ宮崎出身アーティスト N.O.B.U!!! が作曲し、二人で故郷への想いを歌った「FURUSATO feat. N.O.B.U!!!」や数々のヒット曲を生む坂詰美紗子作詞・作曲の恋愛ソング「忘れないよ」もラインナップ。ダイヤモンド・ヴォイスの広い表現力を感じさせる13曲収録。 今回のインタビューではアルバムを制作する中での想いなどGILLEの素顔に迫った!

Q. 今回のアルバムはどんな仕上がりになりましたか?

A. 前回の「I AM GILLE.3」のときは、アーティストの先輩とのつながりだったり、インディーズのときに育ててもらった先輩とメジャーに行き、もう1回カバーさせてもらうというつながりだったりと、人とのつながりを意識して制作したのですが、今回はオリジナルなので、生まれ育った場所・宮崎の人とのつながりや、いまの私にとっての大切な想いを表現しています。

2曲目の「ONE-君がいる理由-」のミュージックビデオには宮崎で頑張っている人たち115人に登場してもらったり、「FURUSATO feat. N.O.B.U!!!」は宮崎出身のアーティストN.O.B.U!!!君とのコラボ、「忘れないよ」という曲を提供してくれた坂詰美紗子さんはデビューしてすぐに先輩後輩って感じで、仲良くさせていただいている私にとって大切な人で、「忘れないよ」のPVに参加してくれた小澤亮太くんも友達。

「ONE-君がいる理由-」のフィーチャリングバージョンには、Suzuちゃんという後輩も登場するんです。先輩ばっかりだったのがメジャーデビューして2年たって、アルバムに後輩が入るようになって、教える部分もあれば、先輩たちに胸をかりる部分もあるという、本当につながりとか愛とかが、ガッツリ詰まったアルバムです。

Q. タイトル「TREASURES」はGILLEさんが考えたんですか?

A. はい、そうなんです。デビュー以来ずっと付いてくれているプロデューサーがいるんですけど、そのプロデューサーと「今回のアルバムどんなのにしたい?」というところから話が始まって、「う~~~ん、どんなアルバム??」って考えて。

「2年経つじゃん、ないの自分の中で」って言われて。自分の中でオリジナルはずっと出したかったので、「2枚目でもあるし、メジャーデビューして2年経つし、『これが今のGILLEです』というのを作りたいですよね」って言ったら、「だったら自分にとって一番大事な物というのをメッセージに残したら」って言ってくれて。

プロデューサーが「TAKARAMONO」ってローマ字で書いたので、「それはダサイよ、せめて英語にさせてって」ってやり取りの中で「TREASURES」が誕生しました(笑)。

Q. どんな思いを込めていますか?

A. この1枚のアルバムの中に、「何が宝物なのか」っていうのを1曲1曲に表現しています。1曲目に「MUSIC」を持ってきているんです。私は音楽でみんなとつながれているので。

聞いてくれる人にとっての宝物って、家族かもしれないし、親友とか、逆にカタチのない自信だったり、過去の思い出だったり、すると思います。人によってカタチが違う宝物が、この「TREASURES」の中で、1個見つかればいいなって思っています。

Q. 『宝物』という1つのテーマをとても深く考えて制作されたんですね。

A. 「ONE-君がいる理由-」は友達から言われた言葉で書き始めたんです。私ってコンプレックスのかたまりなんです。「どうもありがとう」って元気よくその場を離れても、その後「大丈夫だったかな~」って考え込むことが多いというか、ほぼそればっかりなんです。

孤独な感情が大きくて。本当にいっぱいいっぱいになったときに友達に電話するんです。すると、「大丈夫やが、あんたはあんたやっちゃかい」みたいに返してくれる。歌を聞いて欲しいのに容姿的なこと、歌にしても「きれいごといってんじゃないよ」って言われることもあります。受け入れられるときもあるけど、受け入れられないときもあって。

そういうときでも「そうじゃないよって、あんたは何のために世にでてると」ってことを、母だったり、周りの友人ははっきり言ってくれるんです。「モデルになりたくて出たと?そうじゃないやろう」って。「あんたが迷ったら伝わらんやろう。いいとよ!あんたしか歌えん声があって、歌があるっちゃから、何て言われようが聞いてくれる人のためにあんたが歌っちょかんと、それを辞めたらあんたの負けよ」って言ってくれるんです。

コンプレックスの塊だけど、自分が思う以上に強く思っている人がいるんだって思ったら、職業は違うけど、みんな「私これでいいっちゃろうか」とか「私なんしちょっちゃろうか」「ここにいていっちゃろうか」って思うことってあるんじゃないかな~って思えてきて、その状況を書こうって思って作りました。

Q. 今回のアルバムを聞いてとてもパワーをもらえます。GILLEさんは歌にしたことで一歩前に進めましたか?

A. 聴いている人があっての私なんで。不安でしょうがないですよ(汗)。レコーディングのときは気持ちよく歌うんですよ。出来上がってミキシング、マスタリングと作業があって、CDにする研磨みたいな作業があるんです。

今回は最後の1曲までそういう作業にも携わったんですけど不安で仕方なくて。これをお金出して買ってくれた人が同じ気持ちになってくれるだろうかって思えて。CDを買ってくれたり、You Tubeとか見てくれたり、ダウンロードして聞いてくれた人たちがライブ会場に来て、「うんうん」って言ってくれたり、涙流してくれたり、一緒に口ずさんでくれたりするところを見て、「出してよかった」って思うんだろうって思います。

だから、今は不安がいっぱいですね。でも自分の中では100%の力を注いでいるので、今の私の100%を受け入れてもらえたら嬉しいという気持ちはあります。

Q. 最後にメッセージをお願いします。

A. 1曲1曲、宮崎のことを思って書いた曲が本当に多いので、地元の人に一番に聞いて欲しいなって思います。ゆくゆくは地元でフェスをやれるようなアーティストになりたいなって思っているので、2周年経ったなかで、3、4、5…周年と楽曲と私自身と歩んでくれると嬉しいなって思います。よろしくお願いします。


NEW RELEASE!
Original 2nd Album
「TREASURES」
2014.8.13ON SALE!
ダイヤモンド・ヴォイスの広い表現力を感じさせる オリジナル2nd アルバム!!

140717_GILLE_TREASURES_shokai【初回盤】UPCH-9950 CD+DVD ¥3,800+税
※DVD:「I AM GILLE. CLIP COLLECTION」収録
140717_GILLE_TREASURES_tujyo【通常盤】UPCH-1987 ¥3,000+税

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  4. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  7. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  8. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  9. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  10. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る