【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~SEAMO&AZU~

初ツーマンでの宮崎ライブ! お二人の思い出やライブへの 意気込みを インタビューしました!
seamo_azu_kumisya—2015年、デビュー10周年YEARを迎えられたというSEAMOさんですが、この10年を振り返っての思いをお聞かせ下さい。

(S)ありとあらゆる景色を見させていただきました。嬉しいことも、悔しいことも色々ありましたが、今も変わらず沢山の応援してくれるファンのみんながいて、その中で音楽を続けられている事が本当に嬉しいです。そんな中でも、なんだかんで一番印象的なのはSEAMOとしての人生2度目のメジャーデビューの時です。もう一度メジャーで音楽がやれるのか!って喜びが止まらなかったのを覚えています。

—そして、そんなSEAMOさんと、その妹分にあたるAZUさんによる初のコラボアルバム『THE SAME AS YOU』が2016年2月3日に発売が決定したということですが、このアルバムについての聞きどころや、それぞれの思い入れの深い楽曲やエピソードのある楽曲等を教えて下さい。

(S) 長く音楽やってますと、マンネリ化するといいますか(笑)、とにかく何か変わったことをしたいと言いますか。そんな中、やるなら鉄板のAZUとコラボするのが間違いないだろと思いまして。お互いのキャリアで新たなる一面を出したいという気持ちの中、カンフル剤的アルバムになればいいなあと。制作は名古屋と東京で遠隔制作でしたが(笑)、まあ気がしれた仲なんでLINEなどで綿密に連絡取りつつ進めていきました。お互いのアイデアを消すではなく伸ばすコンセプトでやりました。なので、ほぼボツになったアイデアがないです(笑)

(A)全てです!今回95年に日本でヒットした曲「マカレナ」をサンプリングした曲があるんですが、SEAMOさんとAZUのカラーにあっているアレンジで可愛く楽しくSEXYに仕上がりました。一緒に歌って踊ってみんなでLIVEで盛り上がれたらいいなと思います。SEAMOさんのフックめっちゃかっこいっです。

—2006年に発売されたSEAMOさんのオリジナルアルバム『Live Goes On』に収録された『心の声 featuring AZU』が配信ヒット、注目を集めたことがきっかけでAZUさんのメジャーデビューが決定したというエピソードもあるそうですが、当時の思い出や、初めてコラボしたときの印象等を教えて頂けますか?

(S)「心の声」最初は実はAZUの予定じゃなかったんです。それはAZUも知ってます。で、予定のシンガーが色々あって出来なくなって。その時AZUが「是非やらせてほしい!」と、提案をくれました。どんな仕事でもいいからと。そのころのAZUはとにかくハングリーでして。ガッツのある子だなあと。それでこの曲で大抜擢させてもらいまして、そしてたまたまアルバムの推し曲になって、そしてAZUが沢山の方に知られることになりました。そういう意味では「持ってる」子ですね。そしてそれを自力で引き寄せた感じですね。さすがです。

(A) まさにそうですね。塾長がいなければ私も今ここにいないと思います。本当に恩師でもあり大好きな兄貴です。時々コーラスなどで使ってくれたりしていて、それだけでも嬉しかったんですが、「1曲歌ってほしいのがあるんだ~でも、リリースするかどんな形になるか分かんないからとりあえず録りたいんだけど~いい?」みたいな感じで誘っていただいて、心臓が飛び出るくらい嬉しかったのを覚えています。

—また、そんな二人のコラボは、アルバムだけに留まらず、2016年2月からは、初のツーマンライブツアー「SEAMO AZU 全国ツアーサーキット〜SUPER LIVE BROTHERS〜」の開催も決定しているということですが、このツアーについての意気込み、見どころを教えて下さい。

(S)ただのツーマンにしたくはないです。AZUがツアーをする時、いつも「今日も幸せにするぞ!」と声出していくので(それが印象的です)、そんな気持ちで行きたいですね。

(A)もう凄い楽しみです!SEAMOさんとAZUじゃないとできないLIVEだと思ってます。 損はさせないので是非遊びに来てほしいです!

—2016年2月28日の宮崎公演も今から楽しみな限りですが、宮崎でのライブの思い出などはございますか?

(S)空港についたら、日本なのに南国なイメージがするのが印象的です。後、泊まったホテルが何故か巨大な天狗のお面が祀ってあって、その影響もあってかシーモネーターさんの調子がヤバかったのを覚えています。

(A)宮崎では何度かLIVEさせてもらっていますが、お客さんがとにかく温かくて、私が会いに行けなくても宮崎から時間を割いて遠征してまでAZUのLIVEに来てくれる方もたくさんいて、いつも本当に強い絆を感じています。

—宮崎の好きなところや食べ物、宮崎の印象等を教えて下さい。

(S)鶏肉好きなので、チキン南蛮はよく食べます。後、イベンターさんが冷汁をケータリングで用意してくれて、それがめちゃめちゃうまかったのを覚えています。

(A)食べ物は何でも美味しい!!!フルーツ大好きな私にはマンゴーが安く買えるし本当に羨ましい~~~!住みたいです!(結構ガチで)

—SEAMOさんにおかれましては、10年の節目を迎え、新たにどのように進んでいかれるのか?今後の展望や目指されるものなどはございますか?

(S)健康第一で(笑)、常に高いパフォーマンスを維持できるアーティストでいたいです。楽曲提供も今まで以上にしていきたいし、他のアーティストのライブ演出などもチャレンジしたいです。そして東海サミットの10周年も絶対に実現したいです。後は、自身のアルバムが遠ざかっているのでなるべく早く出したいです。あっ、曲はいっぱい作ってます!

—月刊チャージにちなみまして、活力充電法や元気をチャージできるものやことなどがあれば教えて下さい。

(S) 定期的に行く整体ですかね。地元に、知る人ぞ知る名医がいるんです。後、水素水飲んでます。そして競馬、パチンコはやめられないです。明日への活力です。(笑)

(A)最近は清油のアロマにはまっています。2,3摘、お風呂に入れて使ったり、お部屋で焚いたりして癒されています。使いはじめたら夜もぐっすり眠れるし喉の調子も良くてストレスフリーを感じていますw

—最後に、宮崎公演を楽しみに待っているたくさんのファンの方々にメッセージをお願いします!

(S) 久しぶりのツアーなんで、ワンマンぐらい期待しててくれていいです!AZUと共に皆さんを幸せにします!

(A)本当に宮崎に行ける事を楽しみにしています。しかもニューレトロクラブが初めての2会場だから、すごくワクワクしています。宮崎の皆さん是非遊びに来てくださいね♪


2016年2/28(日)宮崎New Retro Club
開場15:30 開演16:00
オールスタンディング 4,500円(税込)
タオル付き 6,800円(税込)
※1ドリンク別途500円※整理番号付
※未就学児入場不可。6歳以上有料。

SEAMO AZUの 初コラボアルバム!!
2016/02/03 RELEASE
THE SAME AS YOU
全7曲 イントロ、ボーナストラック含む

超有名曲のサンプリングやデビュー10周年を迎えるSEAMOのヒット作品のリミックス等、SEAMOとAZUならではのバラエティにとんだ全7曲が収録予定。
◆BVCL 695 ¥2,130+税(税込¥2,300)

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  2. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  3. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  4. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  5. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  6. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  7. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  8. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  9. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る