【Charge】Artist interview ~Sindy~

心の奥底まで染み込む歌声
韓国生まれの新歌姫、メジャーデビュー。

4月21日にシングル『ひとつ』でデビューを果たした韓国出身のシンガー、Sindy。プロデューサーに武部聡志、作詞作曲にマシコタツロウ、さらにはカップリング曲『私の虹』の作詞に一青窈と強力なメンバーが彼女をバックアップ!静かさの中にも力強さが漂い、どこか懐かしさを感じさせるような歌声が魅力の24歳だ。

20100519-1274257449──まずはSindyさんが音楽に出会ったきっかけをお聞かせください。
3歳でピアノを始めたのがきっかけですね。歌うことも好きだったので、高校生のころから歌手活動を始めて、韓国でデビューしました。

──日本デビューにあたっては、プロデューサーの武部さんやマシコさんなど、豪華なメンバーが集まりましたね!
本当にありがたいし、とても嬉しく思っています!マシコさんとは韓国でのオーディションで初めてお会いして、日本来てからは音楽のことや日本での生活のことなどを教えていただきました。武部さんはレコーディングの時に、歌い方などのアドバイスをいただいて、『私の虹』を作詞してくださった一青さんはお会いしたとき、友達のように明るく気さくに話しかけてくださって、とても素敵な方でした。

──デビューシングル『ひとつ』について、お聞かせください。
私にとって『ひとつ』と3曲目の『私の虹』は、自分の出発点という気持ちです。家族とも離れて日本で頑張っているけど、決して一人じゃないよ、大丈夫!という気持ちを込めて歌いました。2曲目の『泣いてもいいんだな…』はラブソングで、間奏に私が作った「あなたと会えなくても、別れてしまっても思い出を残しておくよ」という感じの意味の韓国語の台詞が入ってるんですが、そんな気持ちで歌いました。

──宮崎に来られたのは初めてということですが、印象はいかがですか?
天気が良くて、とても暖かくて良いところですね!あと釜揚げうどんを食べましたが、おいしかったです。

20100519-1274257454──2009年に初来日ということですが、日本語がとてもお上手ですね!
ありがとうございます!今も東京にある日本語学校で毎日3、4時間くらい勉強しているんです。読み書きも少しできるようになりましたが、漢字を覚えるのが難しいですね。

──最後に宮崎のファンヘメッセージをお願いします!
とてもいい曲ですので、ぜひ『ひとつ』を聴いてSindyを好きになってください。応援よろしくお願いします!

20090513-1242181973
20100519-1274257460Debut Single
『ひとつ』
NOW ON SALE
TECG-27 ¥1,200(税込)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  2. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  3. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  4. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  5. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  6. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  7. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  8. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  9. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  10. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る