【Charge】Artist interview ~木下航志~

ソウルフルなピアノと歌声が魅力の20歳

生後1ヶ月で光を失いながら、2歳でピアノ、8歳で歌とともに本格的な音楽活動をスタート。現在は九州、東京を中心に活躍している鹿児島県在住のジャズミュージシャン、木下航志さん。2010年3月26日には、実に4年ぶりという宮崎でのライブを控える木下さんに、ピアノ、歌に対する思いなどについて話を伺った。

20100322-1269220125──まずはピアノとの出会いを教えてください。
祖母が歌う「チューリップ」に合わせて、僕がおもちゃのピアノで伴奏をしたのが2歳のころで、それが鍵盤に触れたスタートですね。それから5歳でクラシックピアノを始めたんですけど、譜面通りに弾かないといけないのが僕にとっては楽しくなくて…それで7歳のころからジャズピアノを始めました。

──歌を始めるきっかけは何ですか?
8歳のころ、九州で放送されたドキュメンタリー番組に僕が出演したことがあって。その映像を観た佐賀県の小学校の先生から「ストリートライブをやってみませんか?」という声がかかって歌い始めました。

──オリジナル曲はほとんど木下さんが作られるそうですが、メロディはどのように思い浮かびますか?
以前、中学から高校に上がるころに受けたテスト中に、3曲くらい出来ちゃったことがありました。僕はそういう風に、パッと瞬間的にメロディが思い浮かぶことが多いですね。

──現在20歳の木下さんですが、自分の中で20歳を区切りに変わったなと思ったこと、新しく始めたことはなんですか?
1つ1つのライブや曲作りを丁寧に作っていかなきゃいけないっていう責任感が、今までよりさらに重く感じるようになりました。新しく始めたことと言えば、やっぱりお酒ですね。1杯目はシャンパンで乾杯しました!

──これからの夢、目標を教えてください!
年代性別問わず、たくさんの人に曲を聴いてもらえるようなアーティストになっていきたいです。あとは海外進出ですね。去年ニューヨークで演奏をしたんですが、音楽さえあれば国や言葉を越えて楽しめるものなんだなぁということを強く感じました。

──最後に、3月26日の宮崎ライブへの意気込みと宮崎のファンへメッセージをお願いします!
宮崎での単独ライブは4年ぶりになります!ライブはCDとはまた違う魅力があると思うし、僕の等身大の音楽、声を聴いて欲しいなと思っていますので、楽しみに待っていてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  4. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  5. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  6. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  7. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  8. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  9. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  10. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る