【Charge】Artist interview ~井手 綾香~

プロダンサーであるアメリカ人の母と、福岡でドラマーとして活躍していた日本人の父を持つ、宮崎県串間市育ちの16歳 井手綾香。10代だからこそ生まれる素直で優しさにあふれた歌詞とメロディ、そして情感豊かで聴く者の心を打つのびやかな歌声に、一瞬で魅了されてしまう。8月12日には初のミニアルバム『TOY』が九州地区限定で発売された。そんな彼女に話を伺った。

20090916-1253087193──まずは音楽を始められたころのお話をお聞かせ下さい。4歳のころからピアノを始められたのですよね。
きちんとピアノを習い始めたのは、小学1年の頃なんです。叔母からもらったピアノが家にあって。それを4歳ぐらいからさわっていた感じですね。

──小さい頃から常にピアノが近くにあったという環境だったんですね。
はい、そうですね。

──音楽に興味を持ったのは、いつ頃からですか? やはりお父さんの影響もあったのでしょうか?
興味を持ったのは小学生の頃ですね。でも多分…音楽との出会いは、私がお腹の中にいるときから(笑)。私がお腹にいる頃も、父のバンドのライブを母が見に行ったりしてたみたいなので。

──作詞作曲も井手さんご本人でされてるということですが、始められたのはいつ頃ですか?
作詞作曲を始めたのは中学2年の終わり頃ですね。父が録音する機械を持っていて、遊び半分で曲を録ってたんですよね。それから自分の力を試そう!って思って。父はそんな私を見て「お、やる気だな」と思ったらしいですけどね(笑)。最初は、遊びに近い感じでした。

──楽曲作りは、歌詞とメロディ、どちらが先にできることが多いですか?
以前は、まずメロディを作って、ある程度できあがったら歌詞をつけることがほとんどでした。最初から歌詞を書いてっていうことはなく、メロディに歌詞をのせていく感じ。最近は、歌詞から考えることが多いかな。でも曲が先にできることもあるし…。そのときによって、ということなのかな。

──井手さんの歌詞は共感しやすい、ストレートなメッセージが多いですね。
国語が苦手だからかも(笑)。自分が思ったことを、そのまま書いてるような感覚で作るようにしています。

──ピアノの弾き語りのみというスタイルでのアルバム作りで、苦労したところはありましたか?
ピアノはいつも弾いていましたが、弾きながら歌うのはしたことがなかったんです。だから、難しいなと感じましたね。どちらかに気を取られちゃいそうで…。ピアノを弾いてると歌がおろそかになったりとか、歌を歌ってたら、ピアノが止まっちゃったり。今は練習をしてできるようになりましたけどね。

20090916-1253087202──アルバムの一番最後に、ビートルズの名曲「Let it be」のカバー曲が入っていますが、この曲を選んだ理由は?
家族と一緒にドライブするときにずっと流れていたり、お父さんがバンドでカバーをやっていたりしていたので、ビートルズは影響を受けたアーティストの1人なんです。この曲は宮崎に行く時に車の中で家族みんなで歌ったりとかしていて。家族の思い出の曲なんです。

──アルバムタイトル「TOY」にはどんな思いが込められている?
都井岬育ちなので。その「とい」と、おもちゃのTOYをかけて。おもちゃなので、イラストにはぜんまいをつけてみました。

──8月には九州各局でパワープレイに選ばれたり、ラジオやテレビなどで井手さんの音楽を聴く機会が増えましたが、どんなお気持ちですか?
いまだに実感が湧かないんですよね。でも乗ったタクシーの運転手さんが、出演したラジオを聴いてくれていて。「歌のコでしょ!?」って。頑張ってねって言ってくれて、わぁすごいな~って、嬉しくなりました。

──最後に、宮崎のファンへメッセージをお願いします。
「同じ宮崎の人だよ!」ってみんなが自慢できるくらいの存在になりたいと思うので応援よろしくお願いします!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  2. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  3. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  9. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る