【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~7!!~セブン ウップス

1308ch_7_main明日はいよいよ「Coca・Cola presents UMK SEAGAIA JamNight 2013」ですね!宮崎の「7!!」ファンもとても心待ちにしていると思います!是非意気込みを聞かせて下さい!

NANAE 2011年にもJamNightに出演させていただいたんですけど、その時が宮崎での初ライブで、「絶対にもう一度出たい!」と思っていました。お客さんの熱気や、宮崎の暑さが本当に心地良かったんです。今回のステージで、更にパワーアップした「7!!」を皆さんに見てもらいたいと思います!

6月から全国ワンマンツアーに廻られていたみなさん。今回、様々なアーティストが出演されるステージということで、「7!!」ならではのライブの見どころを教えて下さい。

KEITA 僕たちは「音楽の楽しさを伝えることや、聴いた人がより音楽を好きになること、自分自身も音楽をしてみたいな、と思っていただくこと」をコンセプトにしています。明日のライブでは、自分たちも楽しむことで、お客さんに音楽の楽しさが伝わればいいな、と思っています。

6枚目のシングル「ReReハロ~終われそうにない夏~」は少女マンガとの完全コラボということですが、どんな1曲に仕上がっていますか?

MAIKO 作詞作曲、KEITAさん!お願いします!笑

KEITA 今回は少女マンガ「ReReハロ」の書き下ろしで作らせていただきました。夏の“暑さ”を恋愛のドキドキや不安といった“熱さ”にかけて、聴いていて情景が浮かんでくるような曲です。これまでに「7!!」がリリースした楽曲の中で、一番大人っぽいメロウな曲になっていると思います。

「7!!」の楽曲は、女子高生を中心に“歌詞”に共感する女性が多いことで話題になっていますね。その歌詞の世界観はどこから作られているのですか?

MAIKO 4人それぞれに作詞作曲をするので、歌詞の世界観がブレないように、4人で共通の女の子像を作っています。「ごく普通のどこにでもいる10代の女の子」をテーマにしているので、女子高生の心に響きやすいのかな、と。「この曲はまさに今の私の心境です!」というような声をたくさんいただくようになって、「女子高生の心境が描けているのかな」「10代の女の子の世界観ができているのかな」と自分たちも改めて感じています。

ミュージックビデオも拝見させていただきました。マンガの世界に入ったような、すごく凝った作品になっていますね。撮影は大変ではなかったですか?

MAIKO 撮影セットの配置がすごく細かいんですよ。紙のドラムセットの絵などがあって、正面から見ると平面に見えるんですけど、横から見ると全く違う形で。遠近法での撮影など、すごく細かく計算されていました。1回セットしたものを撮影して、また違うセットを組み直して、更にCG用の撮影をして、、、23時間くらいかかったので終わったのが朝5時でした。(笑)

ミュージックビデオでは私たちが着ている制服にも注目してもらいたいです!「7!!」のウップスウサギのキャラクターを校章にしたデザインで、架空の制服なんですけど、リアルに学校の制服にしてほしいくらいお気に入りです!

「7!!」として今後の目標を教えて下さい。

MICHIRU 6、7月に全国10ヶ所をツアーで廻って、これまで行けなかった地域にも足を運ぶことができました。そこで、「こんなにも待ってくれている人がいる」ってことに気付いたんです。だから、これからもっとたくさんいい曲を書いて、次のアルバムに向けて活動して、前回廻れなかった地域でもライブしていきたいと思います!

MAIKO 宮崎でもワンマンライブしたいです!!

沖縄在住のみなさん。宮崎を訪れての印象は?

MAIKO 沖縄に似てる気がします。湿度の高い感じも、ヤシの木の風景や、のんびりした雰囲気もなんだか似てる気がしました。

最後に、Charge読者へメッセージをお願いします!

NANAE 今回のシングルは夏の恋愛を歌った曲です。きっと誰もが経験した事のある感情で、夏の暑さの中で聴くと更に胸キュンしていただける1曲になっているので、女性の皆さんに聴いて欲しいです。そして曲を聴いた後には、是非生のライブを見に来て欲しいな、と思います!

20090513-1242181973
1308ch_7_CD6th Single
「ReReハロ~終われそうにない夏~」
別冊マーガレット連載中 「ReReハロ」(南塔子・作)との完全コラボが実現!!
【完全生産限定盤】ESCL-4077/1,500円
【初回仕様限定盤】ESCL-4078/1,020円

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  4. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  5. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  6. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  7. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  8. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  9. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  10. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん

    自らが楽しむことをモットーに 音楽家・俳優・ボイストレーナーとして 多彩な才能を駆使する表現…
  2. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.134 西 真由美さん

    宮崎の良さが詰まった商品を作り、 その魅力を最大限に表現する プロデュースのエキスパート…
  3. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
ページ上部へ戻る