【KIRISIMA】Shoch Club Vol.20 宮田 若奈

shochuclub120110811-1313043470幸せの種まきをしていきたい。
チンドン屋をごひいきに!
Monthly Guest vol.20
宮田 若奈さん 花ふぶき一座 座長
「枯れ木に花を。笑顔の花を咲かせましょう」という口上と共に、都城でチンドン屋の花ふぶき一座を率いる宮田若奈さん。派手な衣装でチンドン太鼓を鳴らして街を歩くチンドン屋は、宮崎ではあまりなじみがないだけに、イベント会場などに登場する一座のインパクトは大きい。
人間が好きで、みんな平和に暮らせるといいなと、子どもの頃から思っていたという宮田さん。やがて、人に笑顔と元気を与えることを「天命」と思うようになる。大学卒業後、就いた仕事での業績をあげながらも、常に色々なことに挑戦していた毎日。夫の隆さんとの出会いがまた、さらなる転機となる。新たに始めた司会の仕事の打ち合わせで出会ったチンドン屋と隆さんが意気投合。誘われるままに、週末、チンドン屋をすることに。そこで面白さを実感、もっと深くチンドン屋を知りたいという思いが次第に強くなった。
そうして修業のため戦後の全盛期から続くプロ集団に飛び込んだ。年季の入った一座の芸に衝撃を受け、さらにのめり込んでいくも、寂れゆくチンドン屋の様子も目の当たりにした。そこで宮田さんは、隆さんの故郷都城で一座を立ち上げる時「チンドン屋をずっと残る文化にする。特別ではなく、日常に必要とされるものになるために、芸を磨いて、常に変化し続ける」と決めた。
持ち前の営業力でイベント出演などを続ける一方、行政機関等の委員などを受け、市民団体などとも積極的に関っている。また、自宅の庭を解放して近所の子どもたちも我が子同様に見守る。出会い、つながり、街の賑わい。求めるものを突き詰めると、やっぱり「人が好き」に辿り着く。
夢は「都城から天下を取る」こと。芸を磨く仲間が欲しいことや一座の経営のことなど悩みもあるが、その道のりは見えていると言う。さて、その天下とは?毎晩たしなむという軽い晩酌のグラスを傾けながら、“花咲若奈さん”の夢を一緒に聞きたい気分になってきた。

20110811-1313043477Profile
都農町出身。兵庫教育大学学校教育学部卒業後、フェニックスリゾート株式会社入社。平成8年に結婚し夫の隆さんのいる大阪へ。翌年「花吹雪一座」、15年に隆さんの故郷都城で「花ふぶき一座」を立ち上げる。18年に全国選抜チンドンコンクール理事長賞受賞。以後毎年出場、現在も芸を磨いている。
●花ふぶき一座
宮崎県都城市志比田町4776-4
TEL:0986-26-3970
http://www.hanahubuki-ichiza.com
shochuclub2

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  2. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  3. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  4. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  5. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  6. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  9. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  10. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る