祝、デビュー5周年突入!3回目のFREEDOM出演、そして初のベストアルバムをリリースするMACOさんにインタビュー!

  • 2018/6/11
  • 祝、デビュー5周年突入!3回目のFREEDOM出演、そして初のベストアルバムをリリースするMACOさんにインタビュー! はコメントを受け付けていません。

祝、デビュー5周年突入!3回目のFREEDOM出演、そして初のベストアルバムリリース!

Q. 九州・東北と合わせると3回目の出演になるFREEDOM出演への思いを聞かせてください。

3度も出させて頂いて、MINMIさん始め、FREEDOMのスタッフの皆様に本当に感謝しています。1回目(宮崎)のときのライブは本当に緊張しましたが、お客さんが私を迎えてくれる温度感がとても温かく感じましたし、FREEDOMという名の通りジャンルを問わず音を楽しむ会場の一体感がいまでも忘れられないです。

2回目(東北)のライブもFREEDOM特有の最高な熱さを感じながら、私なりのライブをすることができて私の中の夏の風物詩のようになりつつあります。今回3回目出演のライブも、精一杯頑張りますので、よろしくお願いします!

Q. 最新アルバムの聴きどころはどんなところですか?

メジャーデビュー前の曲、デビューのきっかけになった曲、私の今に繋がるラブソングの歴史の数々が聴けます。そして渾身の新曲3曲が聴ける本当にベストなアルバムになりました。私のことをまだ知らない人にも聴いて頂ける自己紹介のような一枚になったので、ぜひ一曲目から順に聴いてほしいです!

MACO『BEST LOVE MACO』

BEST LOVE MACO(通常盤)

新品価格
¥2,700から
(2018/6/11 14:28時点)

BEST LOVE MACO(初回限定盤)(DVD付)

新品価格
¥3,072から
(2018/6/11 14:29時点)

★新曲3曲収録!
「Dear My Friens feat. 鷲尾伶菜(E-girls /Flower)」
「HOWEVER」(GLAY 1997年シングル曲のカバー)
「君のシアワセ」(テレビ東京系ドラマ『東京センチメンタルSP〜御茶ノ水の恋』主題歌)

2014年にメジャーデビュー以降、ラブソングを中心に共感を呼ぶ歌詞や歌声で絶大な人気を博してきたシンガーソングライターMACOが、デビュー5年目を迎えた今年2018年にリリースする初のベストアルバム。ファースト・シングルとして大ヒットした「LOVE」、メジャーデビューのきっかけとなったテイラー・スウィフト「We Are Never Ever Getting Back Together」の本人公認の日本語カバーをはじめ、インディーズ時代の人気曲から最新のヒット曲まで代表曲の数々を収録。

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  3. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  6. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  7. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  8. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  9. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…
  2. 絢香30 y/o
    私は堂々と30歳であることを、自分が選択してきたことを誇らしく生きたい 絢香約3年半ぶりとなるオリ…
  3. デビュー25周年記念公演全国ツアーが大盛況! たくさんのファンからの熱いラブコールにより、アンコー…

宮崎☆働く美人

  1. ひなた宮崎経済新聞

    2018-11-25

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.113 田代 くるみさん

    宮崎を盛り上げたいと 編集・PR・ライティング会社を起業 東京と宮崎を拠点に活躍 Mont…
  2. 2018-10-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.112 平川 美由紀さん

    “子どもへ「お帰り」を言いたい” 在宅のプログラミング講師で 自分自身も輝きながら家庭を守る…
  3. 2018-9-12

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.111 チャキーラ(石川 千晶)さん

    才能と努力を併せ持ち 幼いころからの夢をつかんだ プロフィットネスアーティスト Month…
ページ上部へ戻る