【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~布袋 寅泰~

20110816-1313482953アーティスト活動30周年。8月17日には記念アルバムをリリース、9月25日には待望のツアーの宮崎公演も決定している布袋寅泰さん。昨年は、宮崎に『太陽のメロディー』という大きな贈り物をくれた布袋さんに、30周年を迎えた今の思いや、ツアーの見どころ、宮崎への思いをうかがった。

●アーティスト活動30周年、おめでとうございます!率直な気持ちをお願いします。
ありがとうございます!BOØWYから始り、COMPLEXを経てソロへ。その後もプロデュースや映画やCMなどへの参加、世界中のミュージシャンとの交流、数えきれないほどの出会いと冒険、そして挑戦の繰り返しだった30年は自分にとってかけがえのない大切な思い出に満ちています。僕を支えてくれたファンの皆さんに心から感謝しています。

●8月17日リリースの30周年記念アルバム「ALL TIME SUPER GUEST」についての思い、カバーやコラボレーションとしてのリリースになったきっかけを教えてください。
日本を代表する素晴らしいアーチスト達が、僕の30周年を祝福してくれるなんて夢のようです。僕の音楽は作詞作曲のみならず、サウンドアプローチやギタープレイなど、独特の世界観があると思います。どのアーチストもただカバーするのではなく、僕の音楽に対するスピリットをしっかり継承してくれながら、それぞれの個性を充分に活かしたアプローチでHOTEI MUSICを歌い奏でてくれています。布袋ファンのみならず、すべての音楽ファンに楽しんでもらえる極上のパーティーアルバムに仕上がりました!

●この30周年記念アルバムは、多くのゲストを迎えたとても豪華な一枚となっていますね。レコーディングでのエピソードや、印象に残っている楽曲などを教えてください。
BOØWYの「DREAMIN’」を完全なるオリジナルな解釈で聞かせてくれたDragon Ash、そしてギターソロの細部に至るまで完全コピーに挑戦してくれたシド、大橋トリオさんの「ラストシーン」まさしく映画のワンシーンのような映像的アプローチ、FUNKY MONKEY BABYSのファンキー加藤さんとのデュエット「さらば青春の光」も氣志團の「DIVING WITH MY CAR」も、RIP SLYMEの「バンビーナ」などなど、とにかく全編聴き所満載なのですが、宮崎の皆さんにはきっとコブクロが壮大なオーケストレーションに乗せて歌い上げてくれた「YOU」、そして紅一点の今井美樹さんが歌う「FLY INTO YOUR DREAM」の2曲は「太陽のメロディー」の感動を思い出してくれると思います。ビートの楽しいアッパー・チューンから、夢見心地のファンタジックな音世界まで、どうぞじっくりとご堪能ください。

20110816-1313482958●30周年を迎え、リリースされたニューシングル「PROMISE」について、どんな思いで作られた曲ですか?
口蹄疫や噴火、そして3月の大震災など、日本は数々の試練と戦っています。頑張っても頑張っても未来が見えず挫けそうになったときも明日の為への一歩を踏み出すのは自分しかいません。そんなとき一番の力となるのは人と人との絆です。「うつむいてばかりではなく、前を向いて生きてゆこう」という”約束”によって、その絆はより深く、より強くそれぞれを支えてくれると信じています。こんな時代だからこそ伝えたい熱いメッセージを、ダイナミックに壮快に描きたい、という思いから生まれた曲です。

●9月からスタートする全国ツアー、30thAnniversary 第三弾HOTEI THE ANTHOLOGY“一期一会”MEMORIAL SUPER BEST TOUR。9月25日の宮崎公演が今から楽しみです!ズバリ、見どころを教えてください。
今回のツアーでは30年の歴史のハイライトを全部お見せします!BOØWYやCOMPLEXの曲も僕のギターで皆さんに歌ってもらおうと思います!宮崎のオーディエンスはいつもメチャクチャ熱いから、僕も今からワクワクしています。忘れられない公演となることでしょう。

●昨年、宮崎は、布袋さんをはじめ、今井美樹さん、コブクロのお二人から『太陽のメロディー』という大きなプレゼントをもらいました。「宮崎でこの歌を口ずさめない人はいないほどの大切な歌になった」「本当に素敵な歌をありがとう」そんなたくさんの思いを県民の皆さんが抱くほど、大切な歌となったこの楽曲について、布袋さんの思いを教えて頂けますか?
皆さんのふるさとを思う気持ちがこの曲を生んだのです。僕らこそ沢山の感動をいただきました。この曲のおかげで僕は改めて音楽の持つ力を信じることができました。やまない雨はない。雨のあとには必ず太陽が昇る。僕は今でも太陽を見上げるたびに、宮崎を思い出すのです。

●布袋さんにとっての宮崎の思いをCharge読者、宮崎のファンにメッセージをお願いします。
宮崎は僕の第2のふるさとです。宮崎の皆さんは僕の家族だと思っています。長きに渡り応援してくれた皆さん、そして今回初めてライブに足を運んでくださる方も多いと思います。今までありがとう!そしてこれからもよろしく!と全身全霊で伝えに行きますから「これ以上無理!」というくらい期待していて下さいね!

20090513-1242181973
20110816-13134829638.17 RELEASE
30周年記念アルバム
「ALL TIME SUPER GUEST」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  2. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  3. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  4. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  5. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  6. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  9. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  10. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  2. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
  3. ひなた宮崎経済新聞

    2018-11-25

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.113 田代 くるみさん

    宮崎を盛り上げたいと 編集・PR・ライティング会社を起業 東京と宮崎を拠点に活躍 Mont…
ページ上部へ戻る