SPECIAL INTERVIEW ~Ocean’s Love~

障がい児のためのサーフィンスクール 海の素晴らしさ、エネルギーを感じてほしい

1309ch_0545Ocean’s Loveとは…?
ハワイでプロサーファーやモデルとして活躍するアンジェラ・磨紀・バーノンさんを始め、プロサーファーやボディボーダーを中心に、障がいを持つ子どもたちに向けて開催するサーフィンスクール。2005年より実施され、今年で9年目を迎えた。サーフィンスクールを通じて社会とのコミュニケーション、自然との触れ合いを学び、感情あふれる健やかな成人になって欲しいという願いを込めた活動。

1309ch_0118アンジェラ・磨紀・バーノンさん Message
今年は、去年よりとても波の状態が良く、子どもたちにとってはベストな環境だったと思います。 子どもたちの笑顔のために、こんなにもたくさんの方に集まっていただいて、感無量です!! 実はさっき、参加者の女の子が「次、サーフィンいつ?」と聞いてくれました。

今後は「Ocean’s Love」の願いを引き継いでくださった宮崎のスタッフさんが、「Ocean’s Love 宮崎支部」として活動して下さいます。宮崎の子どもたちはこれからもっとサーフィンをする機会が増えるので、どんどん楽しんでほしいです!
1309ch_0339EVENT Report.
昨年に引き続き、宮崎では2回目の開催となった「Ocean’s Love」。プロサーファーでモデルのアンジェラ・磨紀・バーノンさんが中心となり、参加者25名(うち障がい児15名、兄弟10名)、ボランティアスタッフ約110名と、昨年以上の規模で行なわれた。

1309ch_01297月28日、宮崎市青島海岸。参加する子どもたちに最高の1日をプレゼントするべく、朝早くからボランティアスタッフが準備を進めていた。午前10時、サーフィンスクールは準備体操からゆっくりとスタート。この日は、みやざき大使のEXILE KEIJIさんもスペシャルゲストとして参加しており、参加者の女の子とペアを組んで楽しそうにストレッチをする光景も。子ども一人につき、4~5人のスタッフが付き添い、安全第一に、楽しく、一人一人のペースに合わせてプログラムは進行していった。

参加者は、今回初めてサーフィンを体験する子どもたちばかり。中には海に入るのを恐がったり、「溺れそうだから」と不安そうな子も。しかし、「お兄さん、お姉さんがいるから大丈夫。溺れないよ。」とアンジェラさんに声をかけられ、スタッフに連れられ海へ入って行く。真剣にアンジェラさんのお手本を見ていた子どもたちは、1回目のチャレンジからボードの上に立てる子がいるほど、サーフィンにのめり込んでいった。
1309ch_0543スタッフのサポートもありつつ、岸まで波に乗って帰って来た子どもたちの笑顔は格別。沖へ出れば、ボードの上から大きく手を振り、浅瀬で待つスタッフは大きく手を広げて子どもたちを呼ぶ。波打ち際には、お父さん、お母さんたちがカメラマンさながらに我が子の成長を撮影していた。初めこそ強ばっていた子どもたちの表情も、スタッフや波に慣れるうちに、だんだんと心を開いてきた様子。

「乗れたね!上手だったねー!」と褒められ、誇らしげにスタッフとハイタッチする姿が胸に残る。アンジェラさん自ら大きなボードにまたがり、後ろから抱きかかえるようにして一緒に波に乗る光景も。うまく言葉にできない、自分の思いをなかなか表情に出せない子どもたちも、しっかりとこの心地よい波の感覚を胸に刻んだことだろう。疲れ知らずの子どもたちは、水面を叩いたり、楽しそうに大きな声を上げたり、サーフィンだけでなく、心から海を楽しんでいる。

1309ch_0522サーフィンスクールを無事に終えた後は、皆そろっての昼食。その後、思い出作りプログラムのフォトフレーム作成や、地元ハワイアンチームによるフラダンス披露、集合写真撮影が行なわれた。最後に、ハワイの首飾り“レイ”やハワイアンクッキーのプレゼントが。

きっと子どもたちにとっても、大人たちにも、笑顔の絶えない格別な1日となったことだろう。「今日一日、楽しい時間をありがとうございました!」と海に向かってみんなで一礼し、今日一日の「Ocean’s Love」は終わりを迎えた。

今後は、宮崎スタッフやボランティアスタッフ主体でサーフィンスクールを続けていく、とのこと。これから更に、障がいを持った子どもたちがサーフィンを楽しめるように、自然と触れ合いながら感情あふれる健やかな成長を遂げることを願い、これからもこの「Ocean’s Love」の活動は広がってゆく。

201309_oceans_in

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  2. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  3. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  5. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  6. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  9. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん

    自らが楽しむことをモットーに 音楽家・俳優・ボイストレーナーとして 多彩な才能を駆使する表現…
  2. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.134 西 真由美さん

    宮崎の良さが詰まった商品を作り、 その魅力を最大限に表現する プロデュースのエキスパート…
  3. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
ページ上部へ戻る