【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~杉本 彩~

セクシーでタフ、しなやかな美しさ。それらをすべて兼ね備える、杉本彩さん。パーフェクトな美貌、プロポーションはもちろん、美と恋愛に対する情熱的な信念と強いこだわりは、年代を問わず多くの人を惹きつけて止まない。そんな杉本さんの魅力に迫るべく、話を伺った。

20091014-1255506207──杉本さんにとって、美に対してここから考え方が変わったなというターニングポイントはありましたか?
「20代後半の頃。当時、非常に体調が思わしくなかった時期で…。そんな時に出会った、ある東洋治療の先生に体質改善をするしかないと言われて。それから体内のケアに目覚めていきました」

──その頃から自分の生活スタイルを徐々に変えていったということでしょうか?
「そうですね。やっぱり若い頃って何をやっても、何を食べても比較的大丈夫じゃないですか。私自身、20代前半まではその若さに甘んじてしまっていたんですよね。でも、そのときの出会いをきっかけに、生活環境や口にするものすべてが自分を作り上げているんだなっていうことを自覚するようになって。食べ物にしても質の良さやバランスを考えるようになって、美や健康に関するいろいろな知識が増えましたね」

──自分のここが好きというところと、コンプレックスを教えていただけますか?
「まず好きなところは、タンゴダンスショーのお稽古と公演をやった後の自分の太ももです!(笑)ネコ科の動物のようにパーンと張った強くてしなやかな足なんです。体ってどういう仕事をやってるかによって非常に変わるものだから、その踊り切った後の自分の足が一番力強さを感じてすごく好きです。コンプレックスというより、これからは確実に年齢との戦いになってくると思うんですね。いかに美しく年を重ねるかが全てなので、それを考えて美に対して向き合っていきたいですね」

──最近、恋愛に対して積極的ではないと言われる男性、いわゆる草食系男子という言葉が流行っていますが、そういう男性に対しての杉本さんの考えは?
「まったくの恋愛対象外です!たぶん草食系の考え方って、恋愛に関してだけじゃないと思うんですよ。そんな人は人生そのものに対して貪欲ではないし、人間関係が希薄ではないのかなと思います。その結果、恋愛という一番見えやすいところで、草食系という言葉がフィーチャーされるようになってきたのかなと。私にとっては、草食系は論外ですね」

──杉本さんの著書「いい男の愛し方」に書かれている、いい男は女が育てなきゃいけないという内容のように、草食系も肉食系のタイプに育てれば良いのでしょうか?
「草食系から肉食系に変化するって、難しいと思うんですよね。なぜ、そのように二分化されるかには、その人の生まれ育った環境とかってすごく大きいと思うんです。物が豊かで、何の困難も貧乏も知らない、人生に乾きがないっていう環境が草食系を生み出していると思うし、時代が作った産物のような気がしないでもないんですよね。本人が困難にぶつかって、そこで何かに気付かない限りは、女性がどれだけアプローチしたって変わらないと思います。それよりはいかに素敵な肉食系男たちをかぎ分けるアンテナを鋭く張る。そのことの方が大事かもしれませんね」

──逆に最近の女性は、恋愛に対して積極的な方が増えてきているのでしょうか?
「不思議と私の周りに草食系女子はほぼいませんね。今の時代、いろんな選択肢が増えている中で、女性が自分にとって最良のものを選びたいと、自分の人生に対して貪欲であることが肉食系女子を産み出してるんだと思います。草食系男子は論外なんですが、男という生き物は、強くあれ!と擦り込まれているだけで、本当はとてもナイーブなものだと思うんです。だから、そこをたくましい女子が理解してあげることは必要だと思いますね」

──女性が憧れる女性として、杉本さんは代表的な存在だと思いますが、そのことについて、杉本さんご自身の思いは?
「非常に光栄で嬉しいことだなぁと感じています。私に対して憧れを持ってくださる女性って、確実にたくましい方だと思うんですよね。たくましく強く、いつまでも女性として輝いていきたいんだということを私自身が願っているので、そういう同じ思いを皆さんが持っているからこそ、共感してくださるんだと思います」

──そんな女性に憧れられる女性になるためのアドバイスはありますか?
「精神的にまず自立することが大切。男性や親に依存するのではなく、しっかりと自分の足で立ってるということが必要で、そのスタンスがいい出会いを生んで、恋愛を育むものだと思うんですね。そんな本質的な部分を見失わないようにしなくてはならないと思いますね」

──それこそが杉本さんが考える「いい女の定義」なのでしょうか?
「そうですね。ある程度大人という年齢になると、優しさと同時に持つ強さも必要だろうし、強くないと人に対して何かを与えられることもできないし、優しくなれないと思います。そこは経験を積み重ねてきた大人の女たちが、より強く、よりたくましく、寛容であること、余裕を持って人に優しくあるべきだということが大事ですよね。それがいい女の一番の条件です。あとは皆さんそれぞれ持っている魅力があればいいと思います」

凛とした圧倒的な美しさで、「美」に対する思いを語ってくれた杉本彩さん。そんな彼女の魅力を間近で感じることができた『杉本彩トークショー いい男のつくり方 いい女のつくり方』のレポートは次ページにて。

20090513-1242181973
20091014-1255506526スイーツ&ビュッフェ バレンタイントークショー
2010.2/8(月) 宮崎観光ホテル 開催!
「女性として美しく魅力的に年を重ねるにはどうすればいいのか」。バレンタインデーを前に「恋愛」「いい男の愛し方」などをテーマにトークを展開。その彼女のカリスマ性とわかり易い語りは、美しい大人の女性を目指す女性や、いい男へのアドバイスを求める男性の方も、ぜひご参加下さい。
◆1部では「美」を追求する杉本彩ならではの“コアリズム”を取り入れた「ビューティフルトーク」
◆2部では、著書『いい男の愛し方』をテーマに、自身の体験から学んだ恋愛哲学を元に、「大人の恋愛講座」やビューティトークを披露する。

チケット販売に関しては、雑誌にて!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  2. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  3. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  5. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  6. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  7. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  8. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  9. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-2-19

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.116 井手 真弓さん

    企業と働く人に寄り添い 働く喜びを感じる 職場づくりに貢献したい Monthly Gu…
  2. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  3. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
ページ上部へ戻る