【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~米倉 利紀~

前作『sTYle72』で描いた米倉利紀の“生き様”から、よりパーソナルな“ストーリー”を掘り下げた楽曲まで、 これまで以上にバラエティに富んだ楽曲を収録したニューアルバム「rough lux」を先月リリース!

GAKUON_yoneroughluxmainasha
来月4月に宮崎ライブが決定した米倉利紀さんにインタビュー!

Q.19枚目となる「rough lux」発売となりました。今回のアルバムタイトルの意味や意図を教えてください。

ラフでありながらラグジュアリーな作品にしたかったんです。
それは僕自身にも言える事で、41歳になった今、どんな男になっていけるのだろう?という自分自身への課題、期待でもあります。 自作に久しぶりに他のアーティストの“声”が収録されています。
これも一つ、アルバムという堅苦しさの中にある遊び心、ラフさ、そして、彼女達の声、存在のラグジュアリーさを僕なりに共存させたつもりです。

Q.これまでにない作家陣やフィーチャリング陣を迎えているということですが、米倉さんにとってどのような影響がありましたか?エピソードなどがございましたらお聞かせください。

いつ、どんな時もそうですが、他のアーティストとの共演は刺激的です。
今回はクオシモードの平戸さんとさかいゆう君に楽曲提供して頂いています。自分以外の人が書いたメロディーに歌詞を乗せるのはとても大変。でも、同じくらいヤリガイもあります。
そして、FRIED PRIDEのお二人とは「unforgettable」のカバー。
世界中の誰もが知るこの名曲をカバーする事、正直、勇気いりました。11曲中9曲のアレンジを手掛けてくださった柿崎洋一郎さんは学生の頃からの憧れ。こうやって歌手になる夢を抱き始めた頃からの夢を一つずつ叶えています。
まだまだ先は長いです。

Q.4/13宮崎WEATHER KINGにてライブですね!毎回、MCから選曲にいたるまで、考え抜かれた圧巻のパフォーマンスに感動してしまいます。今回のライブについて少しだけ教えてください!

2月12日に東京・赤坂ブリッツでリリースパーティーが行われました。
“rough lux”を全曲歌い、この“rough lux” TOURを味わえる数曲を歌い、柿崎洋一郎さん、TOKOさん(AMAZONS)、平戸祐介さん(QUASIMODE)、Jenniferをゲストに迎え、この日限りのスペシャルな内容でした。 宮崎公演では米倉利紀のデビュー当時の楽曲をセットリストに加えたり、久しぶりに会場の皆さんと一緒に歌ったり、踊ったり出来るような楽しい内容を用意しています。ライブは生ものです。その日にしか起こらないハプニングが必ずあります。
是非、会場に集まってくださる皆さんと宮崎公演でしか起こり得ない素敵なハプニングで楽しめると良いですね!!

Q.今回のアーティスト写真も素敵です!!撮影秘話などがございましたら、ぜひ教えてください。

19枚目のアルバムという事で、どんなジャケットにしようかいろいろ考えました。ただ、今回は“rough lux”というタイトルが既に決まっていましたし、コンセプトが明確だったので、一つ鍵を見付けてからはあっという間に撮影場所が決まりました。 ハウススタジオなのですが、アルバムタイトル通り、ラフでありながらラグジュアリー。
実はMV“vintage”も同じスタジオで撮影しています。髪型はヘアメイクさんのセンス。 当日、その場でどんどん作られていきました。勿論、「こんな感じはどうですか?」と途中確認をしてくれてはいましたが、基本的にはヘアはメイクさんの作品です。
とても気に入っています。

Q.宮崎でのライブ、特に楽しみにされていることは何かございますか?ライブ以外の食べ物のことや観光スポットのことなど、何でも結構です!

宮崎は美味しいものいっぱいですもんね!でも、やっぱり毎回楽屋に用意されているGAKUON社長加来さん手作りの「冷や汁」が一番です!! ほんと、本当に美味しいんです!!
そして、宮崎の気候ですね。
美味しいもの、気持ち良い気候の中で生活をする皆さんの笑顔にお会い出来るのを楽しみにしています!!

Q.デビューから22年ですが、今年の22年目はどんな1年にしたいですか?

マイペース、このペース。
これが一番難しく、そして、一番心地良いです。勿論も多くの人に米倉利紀の音楽を知って頂く努力は惜しみませんが、 焦って足元が見えなくならないように、しっかり地に足を着けながら、大切に一歩ずつ進んでいきたいです。

Q.今年も米倉さんにお逢い出来るのが楽しみです。宮崎でのライブを楽しみにしている皆さんに、最後にメッセージをお願いします!

僕も楽しみです!
ライブ会場でお待ちしております!


LIVE INFORMATION
toshinoriyonekura.com presents toshinori YONEKURA concert tour 2014 -gotta crush on….. volume. fifteen- “rough lux”

2014.4/13(日)宮崎WEATHER KING 開場16:30 開演17:00


1403ch_yoneroughlux_jkRELEASE INFORMATION
NOW ON SALE
「rough lux」
TKCA-74044 ¥3,150(tax in)

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  2. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  3. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  4. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  5. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  10. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…

インタビュー記事

  1. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…
  2. 絢香30 y/o
    私は堂々と30歳であることを、自分が選択してきたことを誇らしく生きたい 絢香約3年半ぶりとなるオリ…
  3. デビュー25周年記念公演全国ツアーが大盛況! たくさんのファンからの熱いラブコールにより、アンコー…

宮崎☆働く美人

  1. ひなた宮崎経済新聞

    2018-11-25

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.113 田代 くるみさん

    宮崎を盛り上げたいと 編集・PR・ライティング会社を起業 東京と宮崎を拠点に活躍 Mont…
  2. 2018-10-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.112 平川 美由紀さん

    “子どもへ「お帰り」を言いたい” 在宅のプログラミング講師で 自分自身も輝きながら家庭を守る…
  3. 2018-9-12

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.111 チャキーラ(石川 千晶)さん

    才能と努力を併せ持ち 幼いころからの夢をつかんだ プロフィットネスアーティスト Month…
ページ上部へ戻る