【Charge】Artist interview ~RYOEI~

伸びやかな歌声と泣きのメロディ…
テレビでも話題のシンガーソングライター

人気番組「クイズ!ヘキサゴン?供廚巴輒椶鮟犬瓠▲?リコンチャート2位を記録した『泣いてもいいですか』(歌:フレンズ/ヘキサゴンオールスターズ)の作曲を担当し、一躍話題となった沖縄県石垣島出身のシンガーソングライター、RYOEIさん。昨年8月、シングル『ひらり』でメジャーデビュー、1月20日にニューアルバム『ブーゲンビリア』をリリースしたRYOEIさんに話を伺った。

20100408-1270712930──音楽を始めたきっかけを教えてください
小学6年生のころ、ギターを弾く父の姿に憧れて、アコースティックギターを弾き始めたのが最初ですね。それから高校2年のときにオリジナル曲を初めて作って、石垣島でしばらく路上ライブで活動をやったあと、もっとたくさんの人に聴いて欲しい!と思うようになって18歳で大阪へ渡りました。

──1月20日にリリースされたアルバム『ブーゲンビリア』には、どんな思いが込められていますか?
タイトルの『ブーゲンビリア』は、花言葉で情熱という意味があるんです。制作するにあたって僕やプロデューサーのカシアス島田(島田紳助)さん、スタッフも含めて「情熱のこもったアルバムにしたい」という思いがあって…。恋愛や親子愛…、いろんな愛を歌いたいという気持ちが込められています。

──プロデューサー、カシアス島田(島田紳助)さんとの出会いについて教えてください
大阪にいたころ紳助さんに出会って、曲と歌声を気に入ってくださって。出会って3ヶ月後には、紳助さんプロデュース「BAR HASEGAWA」での演奏に誘っていただきました。その縁でアッキーナ(南明奈さん)が歌う曲の作曲コンペに参加することになりました。そこで1つの歌詞に対して10曲くらいメロディを作って、結局全部不合格になったんですが…。「ひとつの歌詞で10曲も作ってくるってすごいで!!」って行って下さって。「肩の力を抜いて、ちょっと作曲してみないか?」と一つの詞を渡してくれたんです。それで作った曲が『泣いてもいいですか』なんです。

──RYOEIさんにとっての活力充電法とは何ですか?
嫁さんと子どもと過ごすことですね。休日は車が好きなので、家族とドライブに行ったりします。子どもが3歳で、もう1人3月末に生まれる予定です。音楽以外では、家族と一緒にいるのが一番楽しくて!夢はキャンピングカーで家族とのんびり旅行がしたいですね。

──最後に、宮崎の頑張る女性へメッセージを!
(ひらりの歌詞から)「恋はがんばるものじゃない」かな。恋愛って、女性が一番真剣に考えてると思うし、女性ありきのものだと僕は思うので、これからもいろんな恋をして輝いていって欲しいと思いますね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  4. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  5. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  8. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  9. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  10. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.135 かみもと 千春さん

    自らが楽しむことをモットーに 音楽家・俳優・ボイストレーナーとして 多彩な才能を駆使する表現…
  2. 2020-8-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.134 西 真由美さん

    宮崎の良さが詰まった商品を作り、 その魅力を最大限に表現する プロデュースのエキスパート…
  3. 2020-7-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.133 芋生 玲子さん

    宮崎ですることに価値がある 大人を意識した洋菓子を作る 女性オーナーシェフ Month…
ページ上部へ戻る