らんぷ亭/大切に育てられた食材と磨き続ける腕・感性が生み出す渾身の料理でテーブルを彩る

大切に育てられた食材と
磨き続ける腕・感性が生み出す
渾身の料理でテーブルを彩る

1702ch_ranpu_menu▲梶並さんの小さな農園950円(税込)、県産の鹿のロースト2400円(税込)、紫芋のモンブラン・キンカンアイスクリーム添え700円(税込)

宮崎市の中心街で45年続く名高い洋食店「らんぷ亭」。「おいしいものを作ることにすべてをかける!」が二代目シェフ・藤澤賢二さんの信念。職人魂は料理の素材選びから徹底。「現場に足を運ぶこと」を大切にしている。

生産者のもとを訪ね、情熱や作物に触れることから始める。数日前は佐土原町の「巨田池の鴨網漁」を訪ねた。全国で2ヵ所しかない古式狩猟で鴨を捕獲しているところだ。無傷で捕獲される天然鴨はひと味もふた味も違う。

それを寝かせ、旨みを熟成させて仕上げるのだ。「料理はどのように食材が育ってきたか、バックヤードを把握しているかで奥行きが違ってくる」と藤澤さん。ゲストの宮田理恵さんは学生時代から通う大好きな店で、藤澤さんを宮崎のトップシェフと称賛している。

藤澤さんを含む県内の5人のシェフと共に「フーディング ミヤザキ」を作り、食の魅力の再発掘や食文化を伝える活動をしている仲間だ。この日の料理「梶並さんの小さな農園」は小林市の梶並さんの野菜を約10種類使い、グラスに農園を再現。

オリーブの実、アンチョビなどで作ったバーニャカウダのディップでいただく。テーブルに運ばれてくる料理はアートのような美しさ。その華やかさとおいしさはテーブルを囲む人に感動を与え、食事のひとときを幸せな気分で包んでくれる。
1702ch_ranpu_tennai

店舗名 らんぷ亭
住所 宮崎市中央通8-16第2三輪ビル中2F
電話番号 0985-25-8337
営業時間 18:00~23:00(LO22:00)
定休日 月曜日
駐車場
カード VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners
HP http://www.lamptei-miyazaki.jp/

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  2. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  3. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  4. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  5. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  6. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  7. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  8. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  9. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  10. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る