和酒蔵 吟藏(わしゅぐら ぎんそう)/丹精込めて育てられたEMO牛を風情ただよう隠れ家で石焼スタイルでいただく

  • 2018/4/5
  • 和酒蔵 吟藏(わしゅぐら ぎんそう)/丹精込めて育てられたEMO牛を風情ただよう隠れ家で石焼スタイルでいただく はコメントを受け付けていません。

丹精込めて育てられたEMO牛を
風情ただよう隠れ家で
石焼スタイルでいただく

1712ch_ginzo_menu▲「エモー牛石焼お特盛り」(ハラミ、牛タン、霜降りカルビ、イチボ 計250g)5400円(税込)※写真は一部、「宮崎県産 肉厚うなぎの蒲焼き・白焼き」1944円(税込)、「お通し」378円(税込)

宮崎産黒毛和牛のEMO牛を石焼スタイルで味わえるお店、「和酒蔵 吟藏」。今月のゲスト川越有理さんがずっと行ってみたかったというお店だ。エモー牛とは有田牧場が「大地に薬はゼロを目指す」をコンセプトにエサ・水にこだわり、薬を使わず真心を込めて育て上げた黒毛和牛。

その味は「おいしさが脳に働き、息を吸うと香りが鼻を覆い、口に香ばしさが残る」と表されるほど。そんなEMO牛を石の上で焼きながら味わう。石は遠赤外線を発し、内側から加熱するので、ふっくらと焼き上がる。それを自家製の特製タレや岩塩、わさびをからめ、口へと運ぶ。
おススメは、一押しの部位「ハラミ」「霜降りカルビ」「イチボ」などが味わえる「エモー牛石焼お特盛り」。そのほか、肉厚で身がふっくらとした県産のうなぎの蒲焼・白焼きもあり、ランプステーキとひつまぶしなどの8品と飲み放題がセットになったコース(4500円)も人気だ。

中央通りのビル2階にある隠れ家のようなこちらのお店は、古風な和の雰囲気とスタイリッシュさが合わさり、街中の喧騒を忘れる大人な空間。デートや記念日、日ごろのご褒美など特別な日に訪れたいお店だ。
1712ch_ginzo_tennai

店舗名 和酒蔵 吟藏(わしゅぐら ぎんそう)
住所 宮崎市中央通2-13 貴久屋ビル2F
電話番号 0985-22-8882
営業時間 18:00~翌2:30
定休日 日曜日 ※予約がある場合は営業
駐車場 なし
カード
HP

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  2. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  3. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  4. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  5. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  6. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  9. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る