【KIRISIMA】Shochu Club Vol.105 増田 美恵子さん

  • 2018/3/10
  • 【KIRISIMA】Shochu Club Vol.105 増田 美恵子さん はコメントを受け付けていません。

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141803ch_ontime_main想いや願いを絵で表現
南九州唯一の
ヘナアートアーティスト

Monthly Guest vol.105
増田 美恵子
ヘナアートスタジオ・Mesun(ミーサン)代表
ハムヘミン ヘナアートスクール宮崎校、佐賀校 講師

Profile
都城市出身。病気を機にヘナアートを知り学び始める。福岡県の専門学校へ都城市から通いながら資格を取得。卒業後の2011年5月都城市チャレンジショップ『ヘナアートショップ チャパティーエールティーアーム宮崎』をオープン。

その後、スクールも開校。作品制作とアーティスト育成に尽力する日々。2015年宮崎県経営革新企業に承認される。ヘナアートスクール認定校「ハムヘミン」の講師として佐賀県でも活躍。

「明日の命は分からない。今のままでいいの?まだ知らない世界があるのではないだろうか?」。30代前半でがんを発症したときに、自分に問い続けた。「自分がやりたいことはなんだろう」と調べているときに、「これだ!」と感じたのがヘナアートだった。

増田美恵子さんは、現在、南九州唯一のヘナアートアーティストとして活躍している。ヘナアートとは、天然染料の「ヘナ」をペーストにし、「幸せになれますように」「仕事がうまくいきますように」などの思いを込めて描くインド発祥のボディアート。インドでは結婚式前夜に花嫁の手足にお守りとして描き、嫁いできたといわれている。

増田さんががんを発症したのは、子育て中のママとしての日常を送っている最中だった。第一子を乳幼児突然死症候群(SIDS)で亡くし、第二子は無事に出産したものの、その後、自身もがんを発症。命のはかなさ、明日の命の保証がないことを切実に感じた。「生きていることのすばらしさを伝えたい。そして、描く人も描かれた人も笑顔になれるヘナアートでひとりでも多くの人を元気にしたい。これが自分の仕事だ。自分にはまだやるべきことがある」と思えてきた。
1803ch_ontime.sub
そこから増田さんのチャレンジが始まった。昼間は農家の仕事をし、家事をした後に福岡へ移動。福岡の専門学校の先生へ懇願し、深夜0時から3時までレッスンを受け、早朝に帰宅。そんな生活を約1年半続け、資格を取得した。

卒業後は都城市のチャレンジショップに出店。まだ宮崎では知られていないヘナアートを広めるために祭りやイベントに出店したり、飲食店の一角でデモンストレーションをしたり、地道に周知を図ってきた。

ボディに描くだけでなく、スマートフォンケースやワイングラスなどにも描く。2015年には胡蝶蘭に描いた「胡蝶蘭ヘナアート」が、全国で生産された花や植物、洋ランのなかから選りすぐりの花に与えられるベストプランツ賞の金賞を受賞した。

幸せなどの思いを込めたアートは贈り物や記念日祝いに喜ばれ、次第に広まってきた。「最初にお祭りで描かせてくれたお客様からいただいた500円は、今でも大切に持っているんです。私の最初のお客様。辛いことがあるとその500円を握りしめて頑張ろうと思うんです」。

始めたころは、「簡単なキャラクターの絵すら満足に描けなかった」という。今では、出会った瞬間にその人のイメージや、言葉から湧き起こるイメージを点や線、円など約200種類を組み合わせて絵にしていく。「絵は自分が一番上手い」と自負できるほどの努力を重ねてきた。

作品制作から、認定スクールでの講師、出張レッスン、イベント出店と多岐に渡り活動する日々。「オフの日はいらない」というほど、ヘナアートが大好き。そんな日々でも仕事を頑張った後に飲む焼酎は格別だという。「黒霧島をお湯割りで飲むのが好きですね。気持ちがほぐれて、ゆっくり眠れる気がするんです」。

自分の生きる道であり、人の想いや願いを届けたいと邁進してきたヘナアートの道。これからは、女性が自立していける仕事として確立できるように広め、アーティストを育てていきたいと考えている。
syochuclub_title_offtime0514

1803ch_offtime串焼き・3種類のもも炭火焼から
洋食まで楽しめる
創作ダイニング

たくさんお肉を食べたい人も、パスタやアヒージョなどを少しずつ食べたい人も、一緒に食事を楽しむことができるのが、宮崎市繁華街にある「串・ダイニング 陽菜」。串焼きから、もも炭火焼、洋風メニュー、ご飯料理、一品メニューが揃っている。

看板メニューは串焼き。豚バラやねぎまなどの定番からピーマンの豚バラ巻きやチーズベーコン巻きなどがある。人気は「串焼きAセット」。店長の川原ミチルさんがその日のおススメを10本セットにしてくれる。

また、地頭鶏、赤鶏、種鶏の3種類のもも炭火焼が揃っているのも魅力。ほか、生地から手作りするクリスピー生地のピザも人気。「キノコのピザ」はどんなキノコがトッピングされるのか、その日の店長の気分次第。

何がトッピングされてくるか楽しみな一枚だ。料理の多くは素材のうま味を塩で引き出し味を決めている。シンプルだからこそのおいしさが楽しめる。今月のゲストの増田美恵子さんは「どれも焼酎が進むお料理ばかりで好きです」とオススメ。

店内はカウンターのほかテーブル席と座敷があり、家族で、カップルで、飲み会でとさまざまなシチュエーションで活用できるダイニングだ。

1803ch_hina_menu
▲「串焼きAセット」1210円(税込)、「宮崎種鶏もも焼き・大」1800円(税込)、「キノコのピザ」1000円(税込)

1803ch_hina_tennai

串・ダイニング
陽菜(ひな)

住所 宮崎市中央通り3-22高野ビル1F
電話番号 0985-29-5580
営業時間 17:30~23:00(LO22:30)
定休日 日曜日
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  2. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  3. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  6. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  7. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  8. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  9. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…

インタビュー記事

  1. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  2. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…
  3. こんにちは!月刊チャージ編集部です。本日の記事は、デビュー30周年を迎えて魅力を倍増のT-BOL…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-2-19

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.116 井手 真弓さん

    企業と働く人に寄り添い 働く喜びを感じる 職場づくりに貢献したい Monthly Gu…
  2. 中西 智里さん写真

    2019-1-17

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.115 中西 智里さん

    ママの笑顔が子どもを元気にする! 「ママが癒される場所を作りたい」 念願の託児付きサロンを開…
  3. 金子いくこオンタイムサブ写真

    2018-12-16

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.114 金子 いくこさん

    大切な人へ残す最後の思いやり 新しいカタチの贈り物 ワタシシルベ(遺言書)を全国へ発信 …
ページ上部へ戻る