【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~八神 純子~

CONCERT TOUR 2015 〜あなたの街へ〜
宮崎でふたたび 渾身の歌声が響き渡る一夜

2015.12/8(TUE)
メディキット県民文化ホール
150929yagami jyunko_a-sha
Prof ile
透明感のあるハイトーンヴォイスと豊かな声量で、聴く人を魅了するシンガーソングライター。1978年、シングル「思い出は美しすぎて」でデビュー。同年に発売した3rdシングル「みずいろの雨」がオリコン2位を記録する大ヒットとなり、一躍スターダムへ。その後、「ポーラー・スター」「パープル・タウン~You Oughta know By Now~」などのヒット曲を連発。1986年から生活の拠点を米国へ。2011年、約10年ぶりに日本公演を行い、2012年から全国ツアーを毎年開催。2013年、21世紀初のオリジナルアルバム「Here I am~Head to Toe~」を、2014年には「Here I am premium」と、30年ぶりのライブアルバム「The Night Flight」を発売。2015年は「あなたの街へ」と題した全国各地を巡り歌声を届けるツアーや、ジャズライブ、ディナーショーなど精力的にライブ活動を展開している。

—10年間活動をお休みして2011年から本格復帰されました。再活動前と現在の八神純子さん。どんなところが違いますか?

再活動し始めてからは、かなりの量のコンサートをしています。それま  では、これほどコンサートやライブを続けてやってきたというのはなかったんです。「曲を書くためにはこれが必要だったんだって。人の前で表現し続けながら、曲を書くことがとすごく大事なことだな」って、ごく最近気が付いていますね。コンサートで発表するわけですから、そのシチュエーションに似合った曲を作ることが一番いいわけで、この時にあんな歌があったらいいなとか、コンサートをやったり、曲を書いたりするようになりましたね。

—ヒット曲を生むための歌ではなく、目の前にいる人へ届く歌を作るようになったとお話くださいました。充実感は違いますか?

違いますね。ずっと前は、コンサートのときに「レコーディングで録ったものをどうそのまま外で表現しようか」「どうやったらあんな風に歌えるだろうか」ってことばかりを考えていました。レコーディングが最高のものだったから。でも最近は、レコーディングのときに、これを人の前で歌うにはどうしたらいいだろうかって歌うようになったので、全く前とは逆ですね。人の力をうまく借りているというかな。それが出来るのがコンサートですね。

—2013年に復帰作のアルバム「Here I am~Head to Toe~」がリリースされています。どのようなアルバムですか?

オススメの曲は2曲目の「Take a chance」だったり、5曲目の「約束」だったりとか。8曲目に「ひめゆりの丘」というのもあります。今年終戦70周年というのもあって、この曲は特に力をいれて歌っています。今の私でしか歌えない歌、ほかのアーティストには歌えない歌、というものを私の中で考えて追求してきたものが「Here I am」という曲です。アルバムに「~Hed to Toe~」という頭のてっぺんからつま先までという副題を付けているんですけども、ラブソングもあれば、被災地応援を通して生まれた歌や、自分のアメリカ生活の中から生まれた歌、世界の平和を願う歌、ほかにはリズムを感じ取って歌ってくださいという心地よさを追求したものもあり、題材としてはありとあらゆるものが詰まったものに仕上がっています。

—年末には次のアルバムがリリースされる予定ですね。

今回のアルバム「Here I am」と、もうちょっと先になりますがリリース予定のアルバムとの3部作と考えています。曲を書くことをどうしてスタートしたかというと、歌いたい歌がないので、自分で書くしかないなというところからスタートしているんです。なので、今回も歌いたい歌を書き、その曲にあったアレンジをすると、その一つはちょっとクラシックっぽくなったりとか、もう一つはものすごくポップなものになったりだとか、ちょっとロックぽくなってみたりだとか、いろいろなものが入った一枚になっています。昔は、まとまりがないアルバムはよくないって言われ、サウンド面でもテーマをしぼったものを作らされていたんですけども、そんなのってすごく退屈だなって思ったんですね。私はいろいろやりたいのに、何で絞ってしまうんだろうって気持ちがあったので。この3部作に関しては、思いっきり羽を広げて、私のポテンシャルを全部分かってもらえるような、伝わるようなアルバムにしようと思っています。

—12月8日は宮崎でのコンサートですね?

久しぶりの宮崎でのコンサートです。2年前に一度来ているのですが、「Here I am premium」はベスト盤も入っている2枚組で、古い曲ももちろんやります。30年くらい私を見ていないファンの方たちの要望に応えられるように今の曲も古い曲も両方やるコンサートになります。ニューアルバムの歌も少し紹介したいと考えています。宮崎は縁があって、ちょくちょく来る場所になったので、定期的に歌声を届けにきたいと思っています。今までで一番いい歌が歌えていると思いますので、ぜひともいらしてください。

150929yagami_MHCL30227-8Here I am premium
最新アルバムとベストアルバムの豪華2枚組 2013年6月発売の「Here I am」と八神純子本人セレクトのベスト盤を高品質のBlu-spec CD2でリニューアルしました。三方背ケースにジュエルケースMy Singles2枚を収納。disc 2は最新デジタル・リマスター音源です。
MHCL-30227~30228 ¥3,704+税

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  2. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  3. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  4. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  5. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  6. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  7. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  8. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  9. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  10. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る