【Charge】SPECIAL INTERVIEW ~GILL~

東京で活躍する宮崎人を『みやざき大使のGILLE』が東京レポートする企画

1405ch_GILLE_3503
今回は、宮崎を愛しすぎる仲間出現!小林市出身 愛されキャラのシンガーソングライターN.O.B.U!!!くんをレコーディング中に突撃インタビューしちゃいましたぁ。初の全国コンサートも無事終了!ツアーファイナルだった東京公演に、私も駆けつけてN.O.B.U!!!くんのステージパフォーマンスを楽しませていただきました。いや~N.O.B.U!!!くんのドラムから始まったステージは超カッコよかったな~! 5歳からピアノ、8歳からドラムを始め、幼いころから宮崎でたくさん音楽に触れていたという。そんな音楽三昧の人生のお話を聞いてきましたぁ~。

GILLE(以下G)人の事は言えませんが(笑)宮崎の匂いがプンプンするN.O.B.U!!!くんですが、宮崎でどんな幼少時代を過ごしたのですか?

N.O.B.U!!!(以下N)とにかくやりたいことをやっていましたね。 クラシックピアノを5歳から習い始めて、後は二人の兄ちゃんのマネばっかりしていて、8歳頃からドラムを始めて音楽好きな兄ちゃんと兄弟3人でバンドをスタートし、一番上の兄ちゃんが受験で途中外れましたが、兄と友人と僕のバンドは10年間くらい活動していました。

プロになろうと決めたのはいつごろですか?

N 父の仕事を継ぐ予定でしたが、音楽を一生懸命している僕ら兄弟に父が、「お前らの本気は伝わった、音楽の道を進め。」と中学1年の時に背中を押してくれて音楽に進もうと決意して曲作りを始めました。そして、2005年高校2年生の時にYAMAHA主催のオーディション九州大会に出場して優勝、2008年「閃光ライオット2008」で九州代表で東京でライブを披露したのがきっかけでインディーズデビューし、全国のメディアで応援していただきました。そして、しばらく福岡で音楽活動していました。

そうやっちゃ!宮崎で活動していたイメージがあるのですが、そんなN.O.B.U!!!くん、宮崎をどれくらい愛していますか?

N 愛しすぎてぇ・・・愛しすぎてぇ・・・。でも、インディーズ時代に東京のライブ会場とかで「福岡から来たN.O.B.U!!!です!?」と言っていた時期がありました。なんか違うな!?と思っていました。20歳の成人式で宮崎に戻りステージで歌わせていただいたのですが、友達に再会した時、僕の音楽活動状況をあまり知らなく、福岡で活動している僕に対して冷めているのが悔しかった。「これって俺の帰ってくる場所やねえわ!」と思い、そこから決意して20歳~23歳までの3年間を宮崎(実家の小林)に住み実家の手伝いをしながら宮崎を拠点に全国で音楽活動していました。改めて、宮崎の人に僕「N.O.B.U!!!」を知って欲しかった。

地元の人に認めてもらえないのが悔しい気持ちわかるぅ~

N 僕、GILLEさんがインディーズ時代、蔦屋書店宮崎高千穂通りのインストアライブはお客で見に行きました。

え~TASHA geeのリリースイベントの時だよね。ありがとう! N.O.B.U!!!くんは、2012年私と同じユニバーサルミュージックよりメジャーデビューして今東京でガンガン活動中ですが、アーティスト仲間もたくさんいますよね。お友達に大好きな宮崎をどう紹介していますか?

N ヤバイですよ・・・・・まず、 俺の地元ヤベェ から始まって、山も綺麗!海も綺麗! そして飯ハンパねぇ!と、宮崎の人は宮崎の自然が好きでマジ!で郷土料理がホント!好きな宮崎県人なんですよ。と興奮して宮崎を紹介していますね。

そんな大好きすぎる宮崎に帰ったら必ず行くお店はありますか?

N 20歳の時に宮崎に戻って初めて入ったお店でもある「もも太郎」という店です。 地鶏がハンパない!安いし、美味しいです。いつも宮崎に帰ったら必ず行きますね。いつも僕を応援してくれていて感謝しています。

東京に出てきて3年目のN.O.B.U!!!くん。今後どういうアーティストを目指していますか?

N メジャーデビューして、音楽を仕事としてやっていくことになり、曲づくりとかの取り組みの姿勢など、めちゃくちゃ厳しさを知って、いろいろ心の変化もありました。目標としては、最終的には日本の音楽を日本人アーティストとして世界に伝えていきたいですね。小さい頃、よく父から教えられた事は、目標を立てるときには、自分の思った目標の半分しか叶わないと思って目標を立てろ!と言われていた。目標はバカデカく世界にもっていけば、日本での目標が通過点になればと思っています。でも最終的には世界で勝負したいと思います。

ありがとうございました。一緒に宮崎から世界に音楽を発信しましょう!


N.O.B.U!!!
1988年生まれ、宮崎県小林市出身のシンガーソングライターN.O.B.U!!! 5歳からピアノを習い始め、1997年に兄弟とバンドを結成。まだ9歳だった彼はドラムを担当。その後バンド活動を続ける一方で14歳から作詞作曲をはじめ18歳の時にバンドは解散し、ソロのシンガーソングライターとしての活動を開始。2008年には若手の登竜門として知られる真夏のライブオーディション「閃光(せんこう)ライオット」に九州代表としてファイナルステージに参加。2012年アルバム「POWER TOTHE PEOPLE!!!」でメジャーデビュー。ライブではDJセットに加えて、アコースティックギターやピアノの弾き語り、時にはバンド編成を組んだりとバラエティに富んだ構成で、どんなステージでもオーディエンスといっしょに楽しめる事を目指している。

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  2. お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  3. お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. 「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  5. 2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  6. お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  7. 髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  8. “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle B…
  9. 「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  10. 似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…

インタビュー記事

  1. 7/21(日)FREEDOM beach2019にレジェンドステージで T-BOLA…
  2. 二人旅 写真1
    チェリスト柏木広樹と、ピアニスト&シンガーソングライター光田健一によるデュオユニット「二人旅」。…
  3. スターダストレビュー還暦少年
    スターダスト☆レビュー ライブツアー 還暦少年の真っただ中! 2019年6月9日に7年半ぶ…

宮崎☆働く美人

  1. 2019-5-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.119 坂本 智子さん

    ステンドグラスの奥からもれる 幻想的な光の揺らぎを 陶器を使って創作する造形作家 …
  2. 2019-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.118 武内 敬子さん

    宮崎和牛の革を暮らしにも! 新たな分野で宮崎のブランド化を図る こだわりのもの作りをする革職…
  3. 2019-3-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.117 浜砂 なぎささん

    「音楽で生きていく!」 強い意志で音楽の道を切り拓き チェロの楽しさを伝えるチェリスト …
ページ上部へ戻る