【KIRISIMA】Shochu Club Vol.80 長友 由美子さん

syochuclub_title0514-3syochuclub_title_ontime05141602ch_ontime_main筆1本で元気を広げる
トールペイントの
プロフェッショナル

Monthly Guest vol.80
長友 由美子
Atelier Wild Rose(アトリエワイルドローズ)代表

Profile
国富町出身。高等学校を卒業後、病院に勤務しながら、トールペイントの教室に通い、ワンストロークペインティングの認定講師資格を取得。病院を退職し、トールペイント教室を開講。年に1〜2回の展示会のほか、イベント出店、県内外のデパート催事など幅広く活躍。
ブログ http://saoct30yufeb27.miyachan.cc/

筆1本で季節の花々から動物、人物までをひとつひとつ丁寧に手描きする、トールペイントのプロフェッショナル・長友由美子さん。描くものは財布やバッグ、家具などさまざま。なかでも、平筆1本で2色の絵の具を使い、グラデーションで花を描いていく「ワンストロークペイント」の筆さばきは見事。このワンストロークペインティングの認定講師資格を取得している、県内で唯一の講師でもある。
長友さんがトールペイントを始めたのは29歳のころ。当時、流行り始めたトールペイントをやってみたいと、看護師をしながら教室に通い始めたのがきっかけだった。父親がテーラーだったため、父の背中をみながら、幼いころから見よう見まねでミシンを使ったり裁縫をしたりしてきたこともあり、手芸など手先を使う作業は得意分野の1つ。さまざまな色で、いろいろな花が描けるのが楽しく、トールペイントを仕事にしていくことを決心。自宅で教室を始めた。
そんな長友さんの現在の活動は、月の半分を教室が占める。そのほか、展示会を開催したり、ハンドメイドのイベントに出店したり、県内外のデパートの催事に出店したりと、幅広く活動している。1602ch_ontime_subイベント会場でワンストロークペインティングのデモンストレーションを披露すると、筆使いと出来上がる作品の美しさに魅了され、それをきっかけに教室に通い始める人たちも多い。現在は、30~70代の女性が、長友さんのもとで学んでいる。日々の活動をするにあたり、長友さんが心掛けていることは「常に笑顔でいること」。生徒が描くことを楽しめ、イベント会場に来場する人が楽しくなってもらえたらと考えている。そんな願いが叶うかのように、きれいな色のかわいらしい花や動物たちのペイントに笑顔と明るさが添えられ、長友さんの周りはいつも楽しい雰囲気が広がっている。
オフの日は、手芸に没頭したり、美味しいものを食べに出かけたりするのを楽しみにしているという長友さん。教室のない夜は、夫と晩酌でリフレッシュするのが日課で、「焼酎をコーラで割って飲むのが好きなんです。スカッとした爽快感は最高です」と明るく話す。
そんな明るい笑顔が絶えない長友さんだが、仕事の話になるとその表情は真剣そのもの。納得のいく作品を作り上げるために何百本もある絵の具の中から、どの色を使うか、どんな色あいで描くかなど、生み出す苦労も多い。しかし、「描く人が楽しく描くからこそ、手に取る人も元気になる」という思いを大切にしているという。これからも、多くの人にトールペイント作品で元気を与え、描く楽しさを知っていただけるような活動に力を注いでいる。
syochuclub_title_offtime05141602ch_offtime「おいしくて手頃」と
県内外のお客様に大人気
宮崎地頭鶏の鶏刺し!

「おいしい鶏刺し」が食べられると県内外で人気の「宮崎地頭鶏の店 鳥男(とりお)」。来店客の8割は鶏刺しを食べて帰るほど「地頭鶏刺身」は看板メニュー。プロ野球選手や県外のミュージシャンなどが滞在期間中に連日来店することもあるほどだ。ゲストの長友由美子さんも「鶏刺しは食べられなかったのですが、『鳥男』のは最高です」と大絶賛。人気の秘けつは、新鮮さと、お客様へ込めたおもてなしの気持ち。「来て下さる方々に喜んでもらえるものを」と、さまざまな鶏肉を試してたどり着いた地頭鶏を13年間使い続けている。大切にしているのは、安心して食べられる食材で、ひとつひとつを手作りすることと、手頃な価格で楽しめること。「県外の友人たちも気に入っていて、宮崎に来ると『鳥男に連れて行って』と言います」と長友さん。定番の『チキン南蛮』や『地頭鶏のもも焼』のほか、『チキンナゲット』も人気を集めている。鶏のひき肉で手作りするナゲットに自家製のソースを付けていただく一品で、同店ならではのオリジナルな味わいが堪能できる。
おいしいものを楽しく気軽に食べに行きたいときにオススメのお店だ。

1602ch_torio_menu
▲「炭火焼・地頭鶏もも焼(大)」2430円(税込)、「チキン南蛮(大)」1037円(税込)、
「地頭鶏刺身盛合せ(大)」1944円(税込)、限定10皿「レバー塩辛」432円(税込)

1602ch_torio_tennai
宮崎地頭鶏の店
鳥 男
住所 宮崎市高松通り山本ビル1F
電話番号 0985-20-4459
営業時間 18:30~25:00(LO24:30)※なくなり次第閉店
定休日 第2・4・5日曜日※月によって変動
syochuclub_hedder0514-3

関連記事

コメントは利用できません。

月刊Charge編集部が独断と偏見で選ぶ宮崎のおすすめ美容室

  1. logi1
    「MAKE A PERSON」人をデザインするサロン 「MAKE A PERSON」をかかげ、人を…
  2. IMG_6202
    キレイな髪を育むため、髪と頭皮の健康を考えたサロン お客様の髪と頭皮の健康を考えてくれる。そんなサ…
  3. 1301ch_AURA_naikan6923
    お客様、一人一人が持つ雰囲気(オーラ)を輝かせたい 来てくださるお客様、一人一人が持つ雰囲気(…
  4. 1301ch_556_gaikan012
    髪に優しい、ナチュラルで個性を活かしたヘアスタイルに 夫婦二人で営む落ち着けるサロンでありなが…
  5. basic_8906
    似合う髪型をお客様と探していく、そんなサロン 自宅に帰ってからの再現性を重視したスタイルを心掛け、…
  6. 1602_hiro_gaikan
    お客様の大切な時間を奪わない。確かな技術とサービスの提供を 常にお客様のご要望に応えられるサロンづ…
  7. nine33
    「似合わせ」にこだわり、的確にあなたのなりたいスタイルに 「清潔、安心、安全」をモットーに、スピー…
  8. ento_1
    2席だけのアットホームな空間だからこそ創り出せる癒しの空間 なかなか時間もとれないし、どうせ行…
  9. lazoomeek6
    お客様に「似合う」髪型だけを提供する美容室でありたい 周りに追随することなく、お客様に「似合う」髪…
  10. IMG_6142
    “温かい”心の癒しになれるお店でありたい “温かい”がお店のコンセプト!というLittle BeR…

インタビュー記事

  1. zushi
    「結婚式で聞きたい曲」に常に上位ランクイン‼出逢いから「純白の花嫁」になるまでの物語を紡ぐラブソング…
  2. rmpg_2
    THE RAMPAGE from EXILE TRIBE/5thシングル「Fandango」イン…
  3. jk
    ザ・ハモーレ ・エ・カンターレ コーラスの魔術師たちの魅力を 存分に詰め込んだ初アルバム …

宮崎☆働く美人

  1. 1805ch_ontime_sub

    2018-5-14

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.107 奥津 陽子さん

    ひとりひとりの可能性を引き出し 羽ばたく力を育ててくれる ピアノの先生 Monthly…
  2. 1804ch_ontime.sub

    2018-4-9

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.106 杉松 泰子さん

    生産者と消費者の架け橋 宮崎の食材のすばらしさを 県内外に伝える料理研究家 Month…
  3. 1803ch_ontime.sub

    2018-3-10

    【KIRISIMA】Shochu Club Vol.105 増田 美恵子さん

    想いや願いを絵で表現 南九州唯一の ヘナアートアーティスト Monthly Gue…
ページ上部へ戻る